このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000140146
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000008145
事例作成日
(Creation date)
2012年04月19日登録日時
(Registration date)
2013年11月07日 16時28分更新日時
(Last update)
2013年11月07日 16時28分
質問
(Question)
仏教の言葉の「心王(しんのう)・心所(しんじょ)」について、いくつか種類があったと思うが、それぞれの名称を確認したい。
回答
(Answer)
「心王」は倶者では眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識の六識に、唯識では、末那識・阿頼耶識を加えた八識に分けられる。「心所」は倶者では大地法・大善地法・大煩悩地法・大不善地法・小煩悩地法の五種類に、唯識では遍行・別境・善・煩悩・随煩悩・不定の五種類に分けられ、さらに51に分けられる。詳細については照会資料及び備考欄をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)

1.仏教事典を調査。
・『広説仏教語大辞典』中巻(中村元著 東京書籍 2001年)→p803「心王」の項に、心王は六識、八識などに分けられるとある。(六識、八識についてはp520-521の「識(しき)」の項に記述がある)。p791「心所」の項に、「心所の数および分類の方法にも種々の説がある」として、倶者論及び成唯識論の分類の記載がある。
・『唯識仏教辞典』(横山紘一著 春秋社 2010年)→p554-555「心王」の項に、唯識の八職の記載がある。p552-553の「心所」の項に、倶者の分類5種類の記載がある。また、唯識の分類6種類の記載と、更に全部で51の心所があると記述がある。

2.唯識の分類による心所の51の名称を調べるために、唯識に関する一般図書を調査。
・『唯識の探究:「唯識三十頌」を読む』(竹村牧男著 春秋社 2001年)→p13-15に心所の51の名称の記載あり。

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経典  (183 9版)
参考資料
(Reference materials)
『広説仏教語大辞典』中巻(中村元著 東京書籍 2001年) (p791,803,520-521)
『唯識仏教辞典』(横山紘一著 春秋社 2010年) (p552-555)
『唯識の探究:「唯識三十頌」を読む』(竹村牧男著 春秋社 2001年) (p13-15)
キーワード
(Keywords)
心王
心所
仏教
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
※唯識での「心所」の分類
・遍行-触・作意・受・想・思
・別境-欲・勝解・念・定・慧
・善-信・慚・愧・無貪・無瞋・無癡・勤・軽安・不放逸・行捨・不害
・煩悩-貪・瞋・癡・慢・疑・悪見
・随煩悩-忿・恨・覆・悩・嫉・慳・誑・諂・害・憍・無慚・無愧・掉挙・惛沈・不信・懈怠・放逸・失念・散乱・不正知
・不定-悔・眠・尋・伺
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
仏教
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000140146解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!