このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000139837
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
北方 13-0006
事例作成日
(Creation date)
2013/10/31登録日時
(Registration date)
2013年11月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年11月01日 11時39分
質問
(Question)
1 会津藩が北海道を警備した場所が分かる資料を紹介して欲しい

2 明治2年に東北の各藩が北海道を分領したが、その中で会津藩は何処を分領したのか
回答
(Answer)
1 以下の資料に記述あり。

『北海道の歴史』(田端宏著 桑原真人著 山川出版社 2010.11 請求記号:210.1/HO) 
 p.153に 領有地と警護地の一覧あり。「警護地 アバシリ」

『新北海道史 第2巻 通説』(北海道 1970 請求記号:210.1/HO/2)
 p.785に 「会津藩は東蝦夷地根室場所西別~西蝦夷地斜里を経て紋別までを担当し(藩の領地はもとよりその間の幕府直轄地をも警衛した)」とあり。

『新撰北海道史 第2巻 通説』(北海道庁編 北海道 1937 請求記号:210.1/HO/2) 
 p.718~719の間に万延元年(1860年)の状況の地図あり。 「根室西別~網走、網走~紋別」

2 以下の資料に記述あり。

『新北海道史 第3巻 通説』 (北海道 北海道 1971 請求記号:210.1/HO/3)
  p.127~131に会津藩の名は無いが、斗南藩の分領はあり。区分け図には記載ないが、p.130~131の「北海道分領支配沿革表」には斗南藩は歌棄、瀬棚、太櫓、山越を分領。

『新撰北海道史 第3巻 通説』( 北海道庁編纂 清文堂出版 1990.11 請求記号:210.1/HO/3)
 p.104に「後志に四郡与えて」等の記述あり。分領した土地の詳細については、p.114~121の一覧がある。「歌棄、瀬棚、太櫓、山越」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
北海道地方  (211 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 新北海道史 第2巻 通説 北海道 北海道 1970 210.1/HO/2 p.785

2 新撰北海道史 第2巻 通説 北海道庁∥編 北海道 1937 210.1/HO/2 p.648 p.718

3 北海道の歴史 田端/宏?著 桑原/真人?著 山川出版社 2010.11 210.1/HO p.153

4 新北海道史 第3巻 通説 北海道 北海道 1971 210.1/HO/3 p.127~131

5 新撰北海道史 第3巻 通説 北海道庁∥編纂 清文堂出版 1990.11 210.1/HO/3 p.104

1 幕末会津藩の蝦夷地防衛考 塩谷 七重郎∥著 会津史談会 1999.4 210.51/B p.35

2 北のまもりと開拓 会津武家屋敷文化財管理室∥編集 会津武家屋敷 1993.5 210.51/KI

3 会津藩第七代藩主松平容衆年譜 会津若松市史研究会∥編集 会津若松市 210.42/A

4 会津藩蝦夷地を守る 会津若松市観光公社//編集 会津若松市観光公社 2008.7 210.42/A
キーワード
(Keywords)
会津藩 斗南藩 蝦夷地警護
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000139837解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!