このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000139790
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H25-044
事例作成日
(Creation date)
2013年08月16日登録日時
(Registration date)
2013年10月30日 16時38分更新日時
(Last update)
2013年10月30日 16時38分
質問
(Question)
「足りない」と「足らない」のどちらが日本語表現として正しいのか知りたい。
回答
(Answer)
確認した資料によれば、どちらも文法に則った正しい日本語表現である。
調査の経過を伝え、①~⑤の資料を案内した。
回答プロセス
(Answering process)

言語関係の参考資料のある棚をブラウジングした結果、次の資料が見つかった。
①『日本国語大辞典 第8巻 第2版 せりか-ちゆうは』 日本国語大辞典第二版編集委員会/編 小学館 2001 (自館請求記号:R813.1)
p1161の「た・りる」の項目に、「四段活用動詞「足る(足)」から転じて近世頃から江戸で使われるようになった語。」とある。

②『日本語文法大辞典』 山口明穂/著 明治書院 2001 (自館請求記号:R815)
p459の「たりる(足りる)」の項目があり、語誌の箇所に「四段活用動詞「たる(足る)」から転じて江戸時代頃から江戸で使われるようになった語。」とある。また、「用法」の箇所に「現在でも「足りる」と「足る」の間で揺れが見られる。(以下略)」とある。

③『文章・会話辞典』 野元菊雄/著 ぎょうせい 2002 (自館請求記号:R816)
p314の「足る・足りる」の項目に、「「足る」は文語的・関西風の言い方であり、「足りる」は東京語の言い方である。「足る」は五段活用、「足りる」は上一段活用である。ただし「足らんやつ」などは昔風に、五段活用の言い方をする。(中略)文語的な表現・ことわざなどに「足る」は使われる。」とある。

④『日本語基本動詞用法辞典』 小泉保/編 大修館書店 1989 (自館請求記号:R815)
p305の「たりる」の項目に「〔語形〕…<否定>たりない」と記述があった。

⑤『大辞泉 下巻 第2版 せ-ん』 池上秋彦/著 小学館 2012 (自館請求記号:R813.1)
p2281に「足りる」及び「足り○ない」の項目があり、「「ラ行上一段活用」とある。補説に「四段活用の「足る」から転じ、近世から江戸で用いられるようになったもの」と記述されている。
p2282の「た-る」及び「足ら○ない」の項目があり、「ラ行五(四段)段活用」とある。

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本国語大辞典 第8巻 第2版 せりか-ちゆうは』 日本国語大辞典第二版編集委員会/編 小学館 2001 (自館請求記号:R813.1)
『日本語文法大辞典』 山口明穂/著 明治書院 2001 (自館請求記号:R815)
『文章・会話辞典』 野元菊雄/著 ぎょうせい 2002 (自館請求記号:R816)
『日本語基本動詞用法辞典』 小泉保/編 大修館書店 1989 (自館請求記号:R815)
『大辞泉 下巻 第2版 せ-ん』 池上秋彦/著 小学館 2012 (自館請求記号:R813.1)
キーワード
(Keywords)
足りない
足らない
活用
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000139790解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!