このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000139757
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000007981
事例作成日
(Creation date)
2012年02月21日登録日時
(Registration date)
2013年10月30日 10時53分更新日時
(Last update)
2013年11月21日 14時15分
質問
(Question)
英語での西暦の読み方を知りたい。具体的には2008年をどう読んだらいいか。
回答
(Answer)
2008年はtwo thousand (and) eightと読むのが一般的のようだ。
回答プロセス
(Answering process)
1.NDC835の参考図書を調査。
・『研究社英語の数量表現辞典』(研究社辞書編集部編 研究社 2007年)→p126-127「年・年度・元号・世紀」の項「年号の読み方」に、2001年の読み方としてtwo thousand (and) oneがある。

2.さらに英語のハンドブック等を調査。
・『英語便利辞典』(小学館外国語辞典編集部編 小学館 2006年)→p356「生活の中の数の表現」の項に「年号」があり、2005年の読み方としてtwo thousand (and) fiveがある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
文法.語法  (835 9版)
参考資料
(Reference materials)
『研究社英語の数量表現辞典』(研究社辞書編集部編 研究社 2007年) (p126-127)
『英語便利辞典』(小学館外国語辞典編集部編 小学館 2006年) (p356)
キーワード
(Keywords)
英語
数字
西暦
年号
数詞
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
『研究社英語の数量表現辞典』(研究社辞書編集部編 研究社 2007年)p127の囲み記事「トリビア 年号の読み方が決まるまで」によると、2001年以降の年が英語でどう呼ばれるかについては20世紀の終わりごろまではっきりしなかった。2001年のことを1995年ごろにはtwo thousand oneという人もいればtwenty oh-oneという人もいて、21世紀になってtwo thousand one が定着した。
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
英語
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000139757解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決