このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000139491
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-130117
事例作成日
(Creation date)
2013/7/18登録日時
(Registration date)
2013年10月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年10月25日 00時30分
質問
(Question)
阿刀田令造の経歴を知りたい。
令造は阿刀田高の伯父で旧制二高の出身。
回答
(Answer)
下記資料に記載がありました。

資料1 河北新報社編『宮城県百科事典』河北新報社, 1982【K031/カ2/タ】
p.20「あとうだれいぞう 阿刀田令造」の項
「1878年(明治11)年-1947(昭和22)年。教育家,歴史家。名取郡下増田村(名取市下増田)に阿刀田義潮の長男として生れる。(中略)宮城県立中学校(仙台一高の前身),第二高等学校を経て東京帝国大学に進み,西洋史を専攻する。(中略)1905年(明治38)卒業,さらに京都帝国大学法学部に学び,傍ら真宗中学に教鞭を執り,のち私立京都女学校校長として夫人とともに経営に当たる。1910年(明治43)第二高等学校教授に任ぜられ,幹事,教頭を経て1932年(昭和7)3月,第9代校長となり,1943年(昭和18)9月辞任に至るまで教授として22年,校長として11年余,33年の長きにわたって二高教育に情熱を傾けた。(中略)1930年(昭和5)「仙台郷土研究会」を組織してその委員長となり,翌年1月から機関誌『仙台郷土研究』を刊行して郷土研究の普及発展に努め,自らも仙台城下絵図の研究,飢饉の研究などに大きな業績を挙げた。(以下略)」

資料2 阿刀田令造『郷土飢饉の研究』仙台郷土研究会, 1948【K611/ア1-2】
p.162「著者略歴」の項に記載があります。
回答プロセス
(Answering process)
著書目録は下記に記載あり。
「阿刀田令造先生著書目録」『仙台郷土研究』16(8), p.34.
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
阿刀田, 令造(アトウダ, レイゾウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000139491解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ