このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000139459
提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図-549
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2013年10月24日 17時59分更新日時
(Last update)
2014年02月19日 14時37分
質問
(Question)
1.琵琶湖の東西それぞれの街道沿いにある城の名前の全て。
2.琵琶湖の東西それぞれに位置する街道の名前。
3.敦賀攻めで織田信長が「くちき」という所の近くを通って逃走した。その時に通った街道の名前。
4.また「くちき」の近くの山脈の名前。
回答
(Answer)
1. 『城郭体系 11 滋賀県』 p223に折込図。目次で城名を一覧できる。
2.『滋賀県の地名』巻頭口絵に「滋賀県のおもな自然地名と道筋」の地図あり。「総論」P25~に各街道の解説あり。
3.『滋賀県の地名」巻末索引で「くちき」を探すと「朽木」(高島郡)「朽木街道」があり「朽木街道」は「若狭街道」「鯖街道」の別名と解説。(P61)
4. 上記資料「総論」に「比良山地」(P52)の項目あり。『滋賀県道路地図』に「比良山」「蓬莱山」が確認できる。
回答プロセス
(Answering process)
3. 質問者の言う「敦賀攻め」の内容を『織田信長総合事典』『織田信長全仕事』で確認すると前者に「越前朝倉氏攻め 」「金ヶ崎の退き口」といわれる退却戦にあたり、「四月三十日、近江の朽木を越え(『信長公記』) 京都にたどり着いた」 P342 とある。『信長公記』p103 には「四月晦日 朽木越えをさせられ(以下略)京都に至って」とあるが、具体的な街道名の記述なし。『武功夜話」p114「金ヶ崎退去」には「四月晦日(中略)諸将に命じて若州道を退却された」とある。「若州(じゃくしゅう)」を『広辞苑』でひくと「若狭国の異称」とあり、「若州道」=「若狭街道 」と思われる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
『日本城郭大系 11 京都 滋賀 福井』 新人物往来社 1980 (210=K9=11 PV:0000647267)
『滋賀県の地名』 日本歴史地名大系 )平凡社 1991 (29103=K9=25 PV:0005118086)
『織田信長総合事典』 雄山閣出版 1999 (Pオダ PV:6000241131)
『武功夜話:現代語訳 前野家文書』 新人物往来社 1991 (2148=M1 PV:0005143922)
『信長公記』改訂 新人物往来社 1965 (2148=J5 pV:0005180382)
『滋賀県道路地図』(県別マップル) 昭文社 2011 (2916=P1=2011 PV:7200203236)
『織田信長全仕事』 扶桑社 2004 (Pオダ PV:7000228658)
キーワード
(Keywords)
若狭街道
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000139459解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!