このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000139038
提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-13-011
事例作成日
(Creation date)
2013年10月13日登録日時
(Registration date)
2013年10月17日 10時25分更新日時
(Last update)
2014年04月14日 16時54分
質問
(Question)
「唯一不変なるものは変化なり」という孔子の言葉が載った資料が見たい。
回答
(Answer)
孔子の言葉として記載されている資料は発見できなかった。(荘子の思想として類似するものはあった。)

類似の言葉が記載されている資料として、以下参考資料を紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
孔子の言葉ということなので、『中国名言名句の辞典』、『中国古典名言事典』などを見るが記載はない。
論語に関係する資料をあたるも、該当する言葉は見つからない。
インターネットで検索すると、岡倉天心の言葉として「変化こそ唯一の永遠である」という類似の言葉がヒットする。

当館所蔵の岡倉天心著『茶の本』にて、該当箇所を確認。
『茶の本』に老子、荘子の記述が出てくるため、老荘思想に関連した本を調べると、
『「荘子」の読み方』に荘子の思想の解説として該当する記述があった。
『荘子の哲学』にも解説として「変化こそ不変の真理である。流転こそ万物の真相である。これが荘子のいわゆる<化>の思想である。」の記述あり。

また、『世界名言事典』に「すべてのものは変化するが、変化のみは不変である」というサングウィルの言葉があった。


孔子の言葉としては記載されている資料を見つけることができなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人生訓.教訓  (159)
先秦思想.諸子百家  (124)
参考資料
(Reference materials)
『茶の本』岡倉 天心/著 春風社 2009.10 <791オ>, ISBN 978-4-86110-191-5 (p138)
『「荘子」の読み方』竹村 健一/著 プレジデント社 1984.7 <124タ>, ISBN 4-8334-4014-8 (p93)
『荘子の哲学』大浜 晧/〔著〕 勁草書房 1978 <124オ> (p27)
『世界名言事典』梶山 健/編 明治書院 1988.7 <R159カ>, ISBN 4-625-40057-0 (p424)
キーワード
(Keywords)
孔子
名言
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000139038解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!