このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000138486
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20130017
事例作成日
(Creation date)
20110623登録日時
(Registration date)
2013年10月12日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年03月14日 11時35分
質問
(Question)
大木惇夫の「土の歌」の解釈について書かれた資料はあるか。
回答
(Answer)
 大木惇夫(おおきあつお)作詞,佐藤眞(さとうしん)作曲「土の歌」の解釈について,まとまった資料は見付からなかった。
 CD(参考資料1)の,作曲者自身によるライナーノーツに作曲の経緯が記されており,次のような記述があった。
 「「時計台がくずれる」という箇所があるが,大木さんの説明では「時計台」は街の心臓であり,それが停止するというようなイメージで書いたのだということだった。」
 参考資料2にも,委嘱作品であるカンタータ「土の歌」作曲の経緯が記されていた。
回答プロセス
(Answering process)
 『大木惇夫詩全集』等大木関係資料を調査したが,「土の歌」についての記述は見付からなかった。
 広島に関する音楽関係の資料を調査したところ,『ヒロシマと音楽』(参考文献3)に,「ヒロシマと音楽」データベースのリストが掲載されているが,大木作詞のものは「死の灰」のみであった。
 「死の灰」は,平和記念資料館平和データベースによると,「混声合唱のためのカンタータ“土の歌”より。原曲は、オーケストラと混声合唱のためのものであるが、1966年にオーケストラの部分をピアノに書き改められ、また曲全体にもかなりの手が加えられた。」とあった。(2013.12.13確認)
  http://www.pcf.city.hiroshima.jp/database/
 合唱関係の資料を調査したところ,参考文献2に関係の記述が見付かった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
声楽  (767)
詩歌  (911)
参考資料
(Reference materials)
1 土の歌 佐藤眞作品集 ビクターエンタテインメント 2005
2 日本の合唱史 戸ノ下達也, 横山琢哉/編著 青弓社 2011 (p.197-201 佐藤眞「「土の歌」のことなど」)
3 ヒロシマと音楽 「ヒロシマと音楽」委員会/編 汐文社 2006 (p.146-191 「ヒロシマと音楽」データベース リスト)
4 大木惇夫詩全集 1~3 金園社 1969
キーワード
(Keywords)
大木惇夫
佐藤眞
土の歌
死の灰
大地讃頌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000138486解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!