このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000138381
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20130008
事例作成日
(Creation date)
20111224登録日時
(Registration date)
2013年10月12日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年03月14日 11時35分
質問
(Question)
広島市皆実町6丁目にある平和塔について知りたい。日清戦争の戦跡とも聞いた。
回答
(Answer)
 参考資料1によると,南区皆実町(みなみまち)六丁目にある平和塔は「日清戦争凱旋碑として建設されたものである。1895(明28)年7月,御幸通りに仮設の凱旋門が立てられ,帰還兵が戦勝で沸く市民に迎えられた。翌年中国5県からの義援金によってこの碑は建てられた。(略)1947(昭22)年夏,占領軍を意識し「日清戦争凱旋碑」の碑銘の上にモルタルが塗られ,「平和塔」の文字が彫り込まれた。」と記され,カラー写真が掲載されていた。
 参考資料8,9には戦前の写真が掲載されており「凱旋碑」の文字が確認できた。
 参考資料10には「凱旋碑は平和碑になり得るか」と題し,経緯や地元住民の聞き取りが掲載されていた。
回答プロセス
(Answering process)
 広島市中心部にあり戦前の建造物であることから,被爆建造物関係の資料を調査したところ,参考資料1~6に関連の記述が見付かった。
 「平和塔」の戦前の名称が,日清戦争勝利を記念した「凱旋碑」であったことが分かったので,歴史的経緯を確認するため『新修広島市史』(参考資料7)を調査した。
 また,広島市が軍都であった時代の建造物であるため,日清戦争,軍都関係の資料を調査したところ,参考資料8~10に関連の記述が見つかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210)
参考資料
(Reference materials)
1 ヒロシマの被爆建造物は語る 被爆建造物調査研究会/編集 広島平和記念資料館 1996 (p.210:平和塔)
2 ヒロシマ散歩 : 原爆遺跡・戦跡をたずねて 植野浩/著  汐文社 1997, ISBN 4811301773 (p.18-19 日清戦争凱旋碑)
3 観光コースでない広島 : 被害と加害の歴史の現場を歩く 澤野重男/著 , 太田武男/著 , 高橋 信雄/著 , 大井健地//著 , 是恒高志/著 , 山内正之/著 , 吉岡 光則/著 高文研 2011 (p.234-235 タカの塔)
4 広島のいしぶみはみつめる 第2集 西尾隆昌/[編] [西尾隆昌] 2000 (p.75 平和塔)
5 原爆遺跡・軍都広島案内ハンドブック写真集 ヒロシマの今から過去を見て回る会 1993 (第7編 p.10 日清戦争凱旋碑)
6 芸備地方史研究 263号 芸備地方史研究会 2008.10 (p.52 史跡をあるく 平和塔)
7 新修広島市史 第2巻 広島市/編 広島市 1958 (p.519-528 日清戦争の勃発と広島 p525 軍隊の帰還)
8 廣嶋臨戦地日誌 広島県/編 溪水社 1984 (p.774 口絵 写真)
9 日清戦争と広島城 広島市文化財団広島城/編集 広島市市民局文化スポーツ部文化財課 2009.12 (p.42 凱旋碑)
10 加害基地宇品 空辰男/著 汐文社 1994.07 (p.73-78 凱旋碑が平和碑になり得るか)
キーワード
(Keywords)
平和塔
日清戦争凱旋碑
戦争遺跡
原子爆弾‐被害
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000138381解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!