このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000138177
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20131010-1
事例作成日
(Creation date)
2013年10月10日登録日時
(Registration date)
2013年10月10日 11時16分更新日時
(Last update)
2013年10月11日 13時29分
質問
(Question)
オスカー・シンドラーの伝記資料を探している。
回答
(Answer)
 1993年のスピルバーグ作品 『シンドラーのリスト』 の原作本である、Keneally, Thomas著.『Schindler's list』 (邦訳名 : 『シンドラーのリスト : 1200人のユダヤ人を救ったドイツ人』)のほか、2004年になって Crowe, David M. による評伝 『Oskar Schindler : the untold account of his life, wartime activities, and the true story behind the list』 が出版されている。そのほかにも、彼のリストに名前が載せられたため生き延びることができた生存者による証言記録(資料5,6,10)や、当時のプワショフ強制収容所司令官の娘による回想録(資料7)などが見つかる。

・・・・・引用ここから
○シンドラー,オスカー Schindler, Oskar(1908-74)
 ドイツの実業家、ズデーデンラントのツヴィタウ生まれ。第二次世界大戦時クラクフ近郊の工場にユダヤ人の労働者を雇用し、クラクフ・ゲットーが閉鎖されるとプワショフ強制収容所に支所工場を造ってユダヤ人を働かせ、あるいはグロスローゼン強制収容所からブリュンリッツの工場へユダヤ人を救出移動させるなど、ガス室行き必至のユダヤ人を工場に雇用する形で救った。1962年、イスラエルのホロコースト記念館で「義の人」(Righteous Among Nations)として顕彰された(義の人として顕彰された人は、2010年1月現在で2万3,226人。国別では一番多いのはポーランド人27%、オランダ人21%、フランス人13%、ドイツ人はシンドラーを含め476人、日本人はひとり杉原千畝が顕彰されている)。
・・・・・引用おわり
(出典 ユダヤ人名辞典.p.434(資料2))
回答プロセス
(Answering process)
◆ 書架上の人物情報に関する参考図書から探索を始める。
 ・資料1の索引に名前を見いだし(p.333)、本篇【②675】に見出しが見つかる。
  →『ユ人:(Schindlar, Oskar 1908-1974)ドイツの実業家』とある。
 ・資料2の『ユダヤ人名辞典』で上記回答の記述内容が見つけられる。

 ・資料3の伝記・評伝全情報の西洋篇(p.227)に項目があり、以下の図書(資料5)と解題を記している。
 → ミーテク・ペンパー著,下村 由一訳.救出への道:シンドラーのリスト・真実の歴史.大月書店,2007,269,11p.〈年表・文献あり〉
 『*第二次大戦下、約1200人のユダヤ人をナチスによる虐殺から救ったオスカー・シンドラー。映画「シンドラーのリスト」によって世界的に知られるようになったこの救出劇の一部始終を、唯一の生き証人である著者が回想する。極限状況における勇敢な行動と知的な抵抗を描く、比類なき歴史の証言。』

 ・これより前の年の「伝記・評伝全情報・西洋篇」には記述はない。また「人物研究・伝記評伝図書目録」には項目は無し。「ANB」に記述は無し。「Who's Who 2013」にも記述は見られない。

◆ NDL_Searchを使って、Kw:“シンドラーのリスト”で検索する。
 ・資料4~7の訳書が見つかる。

◆ CiNii Bookを使って、Kw:“Schindler's List”で検索する。
 ・資料8のDavid M. Crowe著の評伝が見つかる。本邦ではどうやら未翻訳。


◆ NDL_Searchを使って、Kw:“シンドラーのリスト”で【記事・論文】の検索。関連する記事に以下のようなものが見つかる。
 ・山口 一彦著.S.スピルバーグ・『シンドラーのリスト』の光と影(1):『ル・モンド』に掲載されたランズマンの批評を巡って.昭和大学富士吉田教育部紀要.6,2011,p.81-98.
 ・山口 一彦著.S.スピルバーグ・『シンドラーのリスト』の光と影(2):『ル・モンド』に掲載されたランズマンの批評を巡って(続き). 2012. 昭和大学富士吉田教育部紀要.7,2012,p.107-117.
 ・中山 義昭著.映画「シンドラーのリスト」を見る .歴史と地理.534,2000,p.41~43,((世界史の広場)特集 千葉県の世界史教育).
 ・「シンドラーのリスト」は歴史的真実を歪めている?.キネマ旬報.1139,1994,p.118~120,('94年上半期--映画界の話題を追う).
 ・相馬 保夫著.「シンドラーのリスト」の謎:映画から歴史学へ.鹿大史学.通号(42),1994,p.7~21.
 ・Andrew Nagorski著.「シンドラーのリスト」とポーランド (Foreign Affairs).中央公論.Vol.109(9),1994,p.373~380.
 ・佐藤 健生著.今なぜ「シンドラーのリスト」か.世界.(597),1994,p.204~207.


◆ Googleなどの検索エンジンを使って、Kw:“シンドラーのリスト”で検索する。
 ・資料11のようなウェブサイトと、資料12のような英文のレビューが見つかる。

◆ 参考 〔Wikipedia:オスカー・シンドラー〕の記述には、
 「彼の名が一般にも広く知られるようになったのは、1982年にオーストラリアの作家トーマス・キニーリーが著したノンフィクション小説『シンドラーの箱船』(原題 Schindler's Ark、米国では改題して『シンドラーのリスト』米題 Schindler's List として出版、日本では幾野宏訳により『シンドラーズ・リスト — 1200人のユダヤ人を救ったドイツ人』として出版)がベストセラーとなったこと、そしてこれをスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化した1993年のユニバーサル映画『シンドラーのリスト』が世界的な興行成功を収めたことによる。」とある。
http://bit.ly/17Y59xg  last_access:2013-10-10)
事前調査事項
(Preliminary research)
○1993年のユニバーサル映画社配給の 『シンドラーのリスト』 はDVDで見ている。
NDC
伝記  (280 9版)
ドイツ.中欧  (234 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】.日外アソシエーツ編集部 編. 外国人物レファレンス事典 20世紀 第2期 (2002-2010) 2 (欧文名 L-Z). 日外アソシエーツ, 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023228181-00  (本学所蔵 280.33//G14//20世紀-2-2)
【資料2】.ジョアン・コメイ 著 , ラヴィナ・コーン・シェルボク 改訂 , 滝川義人 訳. ユダヤ人名事典. 東京堂出版, 2010.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011077633-00 , ISBN 9784490107913 (本学所蔵 280.33//Y96)
【資料3】.日外アソシエーツ株式会社 編. 伝記・評伝全情報 2005-2009 西洋編. 日外アソシエーツ, 2010.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011008386-00 , ISBN 9784816922732 (本学所蔵 280.31//D58//2005/'09・西洋)
【資料4】.トマス・キニーリー/著 , 幾野宏/訳. シンドラーのリスト : 1200人のユダヤ人を救ったドイツ人. 新潮社, 1989.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000753423-00 , ISBN 4102277013 (本学所蔵 000-新潮文庫(外国)-キ-5-1)
【資料5】.ミーテク・ペンパー 著 , 下村由一 訳. 救出への道 : シンドラーのリスト・真実の歴史. 大月書店, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008423495-00 , ISBN 9784272530410 (本学所蔵 946//P36)
【資料6】.エリノア・ブレッチャー [著] , 幾野宏 訳. 私はシンドラーのリストに載った. 新潮社, 1996. (新潮文庫)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002527459-00 , ISBN 4102496017 (本学所蔵 000-新潮文庫(外国)-フ-39-1)
【資料7】.マティアス・ケスラー 編 , 伊藤富雄 訳. それでも私は父を愛さざるをえないのです : 『シンドラーのリスト』に出てくる強制収容所司令官の娘、モニカ・ゲートの人生. 同学社, 2008.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009986861-00 , ISBN 9784810200690
【資料8】.Crowe, David M.著.Oskar Schindler : the untold account of his life, wartime activities, and the true story behind the list.Westview Press,2004,766p.
http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA72902935  last_access:2013-10-10), ISBN 081333375X
【資料9】.Keneally, Thomas著.Schindler's list.Sceptre,1994,429p.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I004050189-00 , ISBN 0340606517
【資料10】.I will plant you a lilac tree : a memoir of a Schindler's list survivor / Laura Hillman. Atheneum Books for Young Readers, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008444418-00 , ISBN 9780689869808
【資料11】.歴史的修正主義研究会Website : 『シンドラーのリスト』(スピルバーグ)を批判する
http://revisionist.jp/schindler_01.htm  last_access:2013-10-10)
【資料12】.Raven, Greg著.'Schindler's List:' A review.The Journal of Historical Review.Vol.14(3),1994,p.7-11.
http://ihr.org/jhr/v14/v14n3p-7_Raven.html  last_access:2013-10-10
キーワード
(Keywords)
Schindlar, Oskar
伝記・評伝
ドイツ人
ポーランド
クラクフ
ホロコースト
強制収容所
スティーヴン・スピルバーグ(Spielberg, Steven)
ドイツ-歴史
ドイツ現代史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
島根県立図書館
埼玉県立久喜図書館
備考
(Notes)
○①『シンドラーのリスト』の舞台はどこか ②杉原千畝はどこの領事館だったか ③サルトルの没年はいつか 知りたい。(島根県立図書館)
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000076621
スピルバーグ監督「シンドラーのリスト」(1993.米)の映画の解説や紹介が載っている雑誌を探している。(雑誌:ロードショーは検索済み-1994年4月号に掲載)(埼玉県立久喜図書館)
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000017020
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000138177解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!