このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000137954
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2013-032
事例作成日
(Creation date)
2013年05月11日登録日時
(Registration date)
2013年10月07日 13時25分更新日時
(Last update)
2013年12月03日 18時22分
質問
(Question)
日光街道・幸手宿にある擔景寺(たんけいじ)の俯瞰図が見たい。以前、知人が見たもので、江戸時代以降の絵図に本堂の他、母屋や池など敷地内が鳥瞰で詳しく書かれていたらしい。形態は巻物だったと思う。
回答
(Answer)
以下の資料と情報を案内した。「擔」は「担」の旧字体。
『日光道中分間延絵図 2』(東京美術 1987)
 p26に坦景寺あり。詳細ではないが、建物・池が確認できる。
 また「解説編」p29に幸手宿の寺院「坦景寺は法林山と号する。浄土真宗で、京都西本願寺の末寺。元和元年(1615)に没した順覚を開山とする。」とあり。
 
『幸手歴史物語川と道 幸手市史特別版』(幸手市教育委員会 2002)
 p43「日光道中絵図」(国立公文書館内閣文庫)に坦景寺が確認できるが、あまり詳細ではない。
 p56「日光道中分間延絵図」が拡大されて掲載あり。坦景寺あり。本堂等の建物・池が確認できる。

その後埼玉県立文書館に問い合わせたところ、坦景寺を中心とした詳細な絵図(巻物)があるとは考えにくいことや、『幸手市史 近世資料編2 別冊 幸手の街道・河川絵図集』の編集をした幸手市史編さん室の担当者に直接の問い合わせを勧められたため、その旨回答した。
また上記「日光道中絵図」(国立公文書館内閣文庫)は国立公文書館デジタルアーカイブで公開されており、巻物であることと国立国会図書館から公文書館へ移管された資料との情報を得た。( http://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/DGDetail_0000000938  国立公文書館 2013/12/03最終確認)
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を検索した結果、以下の資料に基本情報あり。
『埼玉のお寺 埼玉県寺院全集』(埼玉県佛教会監修 千秋社 2001)
 p458に「擔景寺」の項あり。俯瞰図はなし。 浄土真宗本願寺派 法林山 擔景寺(タンケイジ)所在:幸手市
 開山:順覚(元和元(1615)年没) 現在の本堂は延享4(1747)年建立
『全国寺院名鑑』(全日本仏教会編 全国寺院名鑑刊行会 1969)埼玉県p40に「担景寺(たんけいじ)」あり。

自館作成DB《埼玉雑索》を〈擔景寺〉〈坦景寺〉で検索するが、該当なし。

自館目録を全項目〈俯瞰図〉〈鳥瞰図〉で検索する。
『吉田初三郎の鳥瞰図を読む 描かれた近代日本の風景』(堀田典裕著 河出書房新社 2009) p71に「吉田初三郎「埼玉県/埼玉県鳥瞰図」 埼玉県 1934/東浦町郷土資料館蔵」があるが、坦景寺敷地内までの詳細な図ではない。

NDC分類〈291.03〉〈291.08〉等の書架を確認するが該当の図はなし。ただし「幸手」の名は見える。
『アメリカにあった伊能大図とフランスの伊能中図』(アメリカ伊能大図展実行委員会編 日本地図センター 2004)p36左図。
『古地図・絵図 田中啓爾コレクションの世界』(立正大学熊谷図書館 2011)p47「五街道々中絵図」に幸手の名あり。その下は「五海道中細見記」熊谷宿付近の詳細図あり。
『道中記集成 32』(大空社 1997)に「五海道中細見独案内」あり。p157が「幸手宿」だが、該当の図はなし。p282に「この〔(五海道中細見〕独案内〕は上下二冊に分かれており、上巻には『五海道中細見記』と同じ「附言」がついており、さらにその道中記自体がまったく同じ内容。」とあり。
『日本古地図大成』(海野一隆ほか編 講談社 1978)p260「119 諸国道中大絵図」、p266「124 坂東巡礼独案内」
『日本地図選集 11 江戸時代日本国絵図選要』(人文社 1978)「武蔵国全図」収録(彩色絵図1枚)
『日本地図選集 6 江戸時代勝景路程絵図集』(人文社 1977)「大増補 道中独案内」「関東十九州路程便覧」収録。(いずれも彩色絵図1枚)

自館目録で〈日光道〉を検索する。
『道中記集成 14』(大空社 1996)p307-308「擔景寺」の項あり。(『日光道中略記 巻之三』)「什宝」として香合の図が掲載されているが、擔景寺自体の図はなし。『新編武蔵風土記稿 2』p183-184の「擔景寺」の項と同様の記述。
『道中記集成 30』(大空社 1997)p124-125に幸手宿付近の絵図(『日光道中行程記安見絵図』)がある。
『道中記集成 37』(大空社 1997)p290-291に幸手宿付近の絵図(『日光道中図』)がある。
『江戸時代図誌 9 日光道』(赤井達郎〔ほか〕編集 筑摩書房 1976)p〔8〕に「日光道中図絵 幸手宿」があり、「擔景寺」も描かれているが、詳細な図ではない。
 また、p1に「日光道中」(安藤広重画)の「幸手」あり。

インターネット情報の調査
《国会図リサーチナビ》を〈鳥瞰図 & 擔景寺〉〈鳥瞰図 & 坦景寺〉〈俯瞰図 & 坦景寺〉〈俯瞰図 & 擔景寺〉〈俯瞰図 & 幸手〉〈鳥瞰図 & 幸手〉で調べる。(同様に、〈担景寺〉もなし) 該当する情報なし
《東京大学史料編纂所DB》を〈擔(担)景寺〉で検索するが0件。〈幸手宿〉で検索すると3件あり。
No 区分 請求記号 書名 原蔵者 表示種別
1影写本 3071.34-2 武州文書 内閣文庫
2刊本・ 5346-51 五街道分間延絵図 : 日光御廻道見取絵図 : 幸手宿 栗橋宿之間 鷲宮村 鷲明神 伊坂村 静女古跡
3 特殊蒐 内務省引継地図-内務省引継地図-0349 日光御参詣道沿革図(表紙題箋)「年代:文政6.手書き,着色,表紙あり,家・鳥居などの絵あり,」とあるが、大きさが「27×11」とあり。
 
《埼玉県立文書館収蔵資料検索システム》を〈擔(担)景寺〉で検索するが1件
 文書番号 16943  件名番号 39  分割番号 0 部名(簿冊分類) 社寺戸籍部  類名(簿冊名) 北葛飾郡寺院明細帳 (1) 簿冊年代 明治-昭和23年  作成課 地方課(内務部)  分類1 寺院明細帳  件名 北葛飾郡幸手宿字新田裏 真宗本願寺派担景寺明細帳  目録番号 2105(件名目録・社寺編)
 
 
その他調査資料は以下のとおり
埼玉関係資料
『幸手市史 近世資料編2 別冊 幸手の街道・河川絵図集』(幸手市教育委員会 1998)『日光御廻道見取絵図 幸手宿栗橋宿之間・鷲宮村・鷲明神・伊坂村・静女古跡』(東京美術 1991)『日光御成道分間延絵図 3』(東京美術 1988)『日光街道繁昌記』(埼玉新聞社 1980)『埼玉県史資料所在目録 2』(埼玉県県民部県史編さん室 1981)『日光道中 歴史の道調査報告書 3』(埼玉県教育委員会 1985)『増補行程記 奥州道中』(東洋書院 1999)『増補行程記 奥州道中 別冊・解説』(東洋書院 1999)『幸手市史 通史編1』(幸手市教育委員会 2002)
一般資料
『Lib.Letter 24 鳥瞰図』(埼玉県立熊谷図書館 2011)『一目瞭然大江戸鳥瞰図』(一寶齋国盛 絵 有光書房 1968)『鳥瞰図絵師の眼』(高山宏〔ほか〕執筆 INAX出版 2001)『地図で訪ねる歴史の舞台 日本』(帝国書院 2009)『徳川治世諸国道中細見繪圖集 並・四国西国坂東霊場順禮圖』(人文社 1971)『図説日本古地図コレクション』(三好唯義、小野田一幸著 河出書房新社 2004)『名所旧跡図 古地図の世界6』(岐阜県図書館 2007)『国絵図の世界』(国絵図研究会編 柏書房 2005)『日本名所風俗図会 2、16、18 関東の巻』(角川書店 1980-1982)『江戸百景今昔 江戸を楽しみ、大正を知り、現代を歩く』(大野光政著 本の泉社 2009)『古板江戸圖集成 1-』(古板江戸図集成刊行会〔編〕 中央公論美術出版 2000-2002)『中山道・奥州道 江戸・明治・現代 太陽コレクション 1977冬季号』(平凡社 1994)『地図で見る百年前の日本』(小学館 1998)『日本六十余州図 寛永十年巡見使国絵図』(川村博忠編 柏書房 2002)『江戸幕府撰慶長国絵図集成』(川村博忠編 柏書房 2000)『日本地図選集 9 江戸時代日本絵図並万国全図集成』(人文社 1977)『日本地図選集 12 江戸時代続日本国絵図選要』(人文社 1979)『日本地図選集 1 元禄・文政・天保・明治 江戸大絵図集成 附・安政江戸町鑑』(人文社)『日本地図選集 11 江戸時代日本国絵図選要』(人文社 1978)『街道の日本史 15 日光道中と那須野ケ原』(吉川弘文館 2002)『遊歴雑記初編 1,2 東洋文庫』(十方庵敬順〔著〕 朝倉治彦編訂 平凡社 1989)『江戸名所図会 6 角川文庫』(斎藤幸雄〔ほか〕編 長谷川雪旦画 鈴木棠三,朝倉治彦,校註 角川書店 1968)    「年代:文政6.手書き,着色,表紙あり,家・鳥居などの絵あり,」とあるが、大きさが「27×11」とあり、
      巻物ではないらしい。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日光道中分間延絵図 2』(東京美術 1987)
『幸手歴史物語川と道 幸手市史特別版』(幸手市教育委員会 2002)
「日光道中絵図」(国立公文書館内閣文庫)( http://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/DGDetail_0000000938  国立公文書館 2013/12/03最終確認)
キーワード
(Keywords)
浄土真宗-寺院-埼玉県-幸手市
擔景寺(たんけいじ)
古地図-埼玉県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000137954解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!