このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000137828
提供館
(Library)
千葉県立東部図書館 (2110047)管理番号
(Control number)
千県東-2013-0002
事例作成日
(Creation date)
2013/06/22登録日時
(Registration date)
2013年10月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年10月06日 12時44分
質問
(Question)
伊藤博文は、どのようにドイツ語を修得したのか。
ドイツ語の憲法を読んでいるが、自分で語学力を身につけたのか、それとも通訳がいたのかが知りたい。
回答
(Answer)
伊藤博文は、英語は修得しましたが、ドイツ語は駐独公使青木周蔵に通訳を任せていたようです。
『伊藤博文 近代日本を創った男』【資料1】p186に「伊藤はドイツ語ができず、ドイツ学を学んだこともなかった」との記載があります。また親友である井上馨宛の手紙に、ドイツ憲法の取り調べに困難を感じている、と書いています。
『伊藤博文 知の政治家』【資料2】p61にも、「伊藤は英語は堪能だったが、ドイツ語はできなかった」との記載があります。
『伊藤博文伝 中巻』【資料3】p269に「駐獨公使靑木周藏と共に」宰相ビスマルクを訪ねたと記載されています。p270にグナイストに講説を依頼、青木周蔵が講説の通訳をしたと書かれています。

青木周蔵の通訳の様子については、『青木周蔵自伝』【資料4】p234~237「第十五回 伊藤博文のドイツにおける憲法調査」に書かれています。英語に通じたドイツ人教師の選定や、憲法講義の依頼、通訳などを行っていたようです。
また『明治憲法制定史 上』【資料5】p43、45、48、50-51にも伊藤博文と青木周蔵の通訳や邦訳についての記載があります。

伊藤博文の英語の修得については、『伊藤博文伝 上巻』【資料6】p112に、「公等五人は、先づ英語を學習し英文を購讀する爲め、ジャーデイン・マヂソン會社社長ヒュー・マヂソン(Hugh Matheson)の周旋にて公及び野村、遠藤の三人は、常時ユニヴアシテイー・カレツヂの化學教授後ち英吉利協會(English Association)會頭アレキサンダー・ウイリアムソン博士(Dr.Alexander Williamson)の家に(中略)分宿して勉強することになった」との記載があります。
回答プロセス
(Answering process)
1.自館OPACで件名「伊藤博文」で検索。【資料1】、【資料2】がヒット。
2.【資料2】p354の註記に【資料3】、【資料5】が記されていたため、こちらも取寄せて閲覧。
3.自館OPACで件名「青木周蔵」で検索。【資料4】がヒット。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
ドイツ語  (840 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『伊藤博文 近代日本を創った男』(伊藤之雄著 講談社 2009)(2102282844)
【資料2】『伊藤博文 知の政治家』(瀧井一博著 中央公論新社 2010)(2102332104)
【資料3】『伊藤博文伝 中巻』(春畝公追頌会編 原書房 1970)(9101967906)
【資料4】『青木周蔵自伝』(青木 周蔵[著] 平凡社 1970)(2100508290)
【資料5】『明治憲法制定史 上』(清水伸著 原書房 1971)(9101968135)
【資料6】『伊藤博文伝 上巻』(春畝公追頌会編 原書房 1970)(9101967890)
キーワード
(Keywords)
伊藤博文(イトウヒロブミ)
ドイツ語(ドイツゴ)
英語(エイゴ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000137828解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!