このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000137565
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20130926-3
事例作成日
(Creation date)
2013年09月26日登録日時
(Registration date)
2013年09月26日 19時04分更新日時
(Last update)
2013年10月01日 22時44分
質問
(Question)
紅葉山文庫について知りたい。
回答
(Answer)
紅葉山文庫(もみじやまぶんこ) Yahoo!百科事典[日本大百科全書(小学館)]
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E7%B4%85%E8%91%89%E5%B1%B1%E6%96%87%E5%BA%AB/ (2013/09/26確認)
江戸城の中央、紅葉山とよばれる丘の麓(ふもと)にあった江戸幕府の図書館。楓山(ふうざん)文庫ともよばれた。・・・
参考文献
森潤三郎著『紅葉山文庫と書物奉行』(1978・臨川書店)
福井保著『紅葉山文庫』(1980・郷学舎)

紅葉山文庫 【もみじやまぶんこ】 コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E7%B4%85%E8%91%89%E5%B1%B1%E6%96%87%E5%BA%AB  (2013/09/26確認)
世界大百科事典 第2版
もみじやまぶんこ【紅葉山文庫】
江戸時代,幕府が江戸城内紅葉山に設置し,蔵書を収めた文庫。楓山文庫とも書き,紅葉山秘閣とも称した。徳川家康が1602年(慶長7)6月に城内富士見亭に古書,古記録を収蔵したのが起源で,のち駿府文庫本の移管があり,33年(寛永10)には書物奉行(4名)に管理させた。39年,紅葉山に移し,以後,文庫の増設,蔵書の収集,中国書籍の購入,家宣の桜田文庫本併収,佐伯毛利氏の進献本などにより充実されて明治に至った。

もみじやまぶんこ【紅葉山文庫】 国史大辞典
江戸幕府が将軍の政務と教養に資するために江戸城内に設けた一種の図書館。・・・
[参考文献]
福井保『紅葉山文庫』(『東京郷学舎文庫』)、同『江戸幕府編纂物』、国立公文書館編『内閣文庫百年史』、森潤三郎『紅葉山文庫と書物奉行』

紅葉山文庫 : 江戸幕府の参考図書館 福井保 著 郷学舎, 1980 (東京郷学文庫)
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/1569337.html (2013/09/26確認)
http://ci.nii.ac.jp/ncid/BN01572038 (2013/09/26確認)

将軍のアーカイブズ 紅葉山文庫とは 国立公文書館
http://www.archives.go.jp/exhibition/digital/shogunnoarchives/momijiyama.html (2013/09/27確認)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書館.図書館情報学  (010 9版)
参考資料
(Reference materials)
幕府のふみくら : 内閣文庫のはなし 長澤孝三 著 吉川弘文館, 2012 9784642080804
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/5032290.html (2013/10/01確認)
内閣文庫書誌の研究 : 江戸幕府紅葉山文庫本の考証 福井保 著 青裳堂書店, 1980 (日本書誌学大系 12)
紅葉山文庫と書物奉行 / 森山潤三郎著 京都 : 臨川書店 , 1978 4653016860
昭和書房昭和8年刊の複製
キーワード
(Keywords)
紅葉山文庫
内閣文庫
国立公文書館
宮内庁書陵部
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000137565解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!