このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000137468
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-201309-13
事例作成日
(Creation date)
2008年03月25日登録日時
(Registration date)
2013年09月23日 09時43分更新日時
(Last update)
2015年12月14日 00時30分
質問
(Question)
大阪弁の「わて」と「うち」の使い分けについて知りたい。未婚と既婚で使い分けるのか。
回答
(Answer)
明確な使い分けの基準は確認できなかった。「わて」も「うち」も主に女性が使う一人称代名詞であるが、『外国人留学生から見た大阪ことばの特徴 -例文英訳付-』 (彭 飛/著: 和泉書院,1993.4)p.49には、「大阪ことばの中には一人称代名詞の種類がわりあいに多い。年配の人はよく「わて」、「あて」、「わたい」、「あたい」などと言うし、中年の女性は「うち」を愛用しているようである。」とあった。
回答プロセス
(Answering process)
1. 大阪ことばに関する資料をチェック
『全国方言辞典』(東条操/編 東京堂出版 1978)
 p.64「うち」 主として女子供の一人称。わたくし。あたし。
 p.860「わて」 わたし。あたし。
『大阪ことば辞典』(堀井 令以知/編 東京堂出版 1995.9)
 p.29「アテ」 私。中高年女性が使用。複数でアテラという。大阪ことばの自称代名詞は、アテのほかワテ、ワイ、ワタイ、ウチなどともいう。
 p.29「*ワテ」私。ワタイをぞんざいにいった言葉。複数ではワテラ。「ワテほんまによういわんわ」のように女性が主に使用する。船場では男性もワテを用いたが、普通は男はワイとかワシを使用した。ワタイは男女とも用いたが、ワイ、ワタイはしだいに使用されなくなった。ワシも老年層が使用するだけになった。
 p.29「*ウチ」 私。女性語。
『大阪ことば事典』 (牧村 史陽/編 講談社,1984.10 講談社学術文庫658)
 p.76「ウチ」 家。また、私という時にも使う。主として、婦人子供用語である。
 p.749「ワテ」 わたし。男がワイまたはワシというのに対して、女はワテという。
『外国人留学生から見た大阪ことばの特徴 例文英訳付』 (彭 飛/著 和泉書院,1993.4)
 p.49 「大阪ことばの中には一人称代名詞の種類がわりあいに多い。年配の人はよく「わて」、「あて」、「わたい」、「あたい」などと言うし、中年の女性は「うち」を愛用しているようである。」とあり。
『上方ことば語源辞典』 (堀井 令以知/編 東京堂出版,1999.8)
 p.40「ウチ」私。[語源]家の「内」の意味から。京都の女性語。ウチラ(単数・複数)ともいう。
 p.256「ワテ」私。[語源]ワタシから、ワタイになり、ワテに変化した。ワタイをぞんざいにいったもの。
『大阪府のことば』 (平山 輝男/[ほか]編 明治書院,1997.7)
 p.56 「人を指すことば」の(1)代名詞の項に、「自分(男)=ワタシ…ワテ,ワイ(市外的)…」「自分(女)=ワタシ…ウチ~ウチ[ワタイ~ワタイ・ワテ(市外的)]」とあり。

2.商用データベース「Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)(事典・辞書等)」を確認
「デジタル大辞泉」より
 「わて」一人称の人代名詞。わたし。あて。初め女性語であったが、後には男性も用いた。主に関西地方で使われる。
 「うち」一人称の人代名詞。わたし。わたくし。自分。関西地方で、多く女性が用いる。「―は嫌やわ」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
方言.訛語  (818 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0000621300>  大阪府のことば(日本のことばシリーズ 27) 平山 輝男/[ほか]編 明治書院 1997.7 4-625-52227-7
『全国方言辞典』東条操/編 東京堂出版 1978 <当館書誌ID:0000214954>
『大阪ことば辞典』堀井令以知/編 東京堂出版 1995.9 <当館書誌ID:0000476833>
『大阪ことば事典』 牧村 史陽/編 講談社,1984.10 <当館書誌ID:0000243116>
『外国人留学生から見た大阪ことばの特徴 -例文英訳付-』 彭 飛/著 和泉書院,1993.4 <当館書誌ID:0000312815>
『上方ことば語源辞典』堀井 令以知/編 東京堂出版,1999.8 <当館書誌ID:0000756081>
キーワード
(Keywords)
方言
大阪弁
ことば
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000137468解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!