このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000137224
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-201309-08
事例作成日
(Creation date)
2008年06月10日登録日時
(Registration date)
2013年09月17日 10時28分更新日時
(Last update)
2017年06月09日 00時30分
質問
(Question)
明治35年ぐらいにあった、難波蔵前町「遊連橋」の所在地を知りたい。高島屋の辺りと思われる。
回答
(Answer)
以下の資料に「遊連橋」の記載がありました。

『実測大阪市街全図(「大阪建築史夜話」附図:「大阪古地図集成 第21図」)』(大阪都市協会 1980,10)
※地図本体には明治18年1月出版と記載あり。

『大阪市新全図:明治38年最新版』(沢田 正太郎/編纂 沢田幸助,1904(明治37).9)
※地図本体には明治37年1月25日版と記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
当館所蔵大阪関連参考資料を調査

・『大阪府全志』索引より、難波蔵前町の地名を確認するも「遊連橋」は見当たらず。
『大阪府全志 巻之二』p.606難波蔵前町の記載がある「難波区」にも「遊連橋」は見当たらず。
『大阪府全志』附図にて、難波蔵前町のおおよその所在地を確認。

・明治30年代の地図を確認。回答資料『大阪市新全図』に、「遊連橋」の記載を確認。

・『大阪の橋』p.280-282 「難波入堀川」の項に遊連橋(p.281)の記載あり。
「明治一九年の大阪府地理課編纂の『実測大阪市街〔全〕図』には、難波御蔵跡地のすぐ北側にに遊連橋が画かれている。」(同頁に地図(部分)も掲載)。
「『浪華百事談』によると、明治以前には両岸ともに民家はなく、田圃地で、簡単な板橋のようなものが架けられていた~(中略)橋のたもとに幽霊が出るという噂がたって、人びとは幽霊橋と呼んでいた。明治になって公の手で、橋が架けられたとき、音が似ているところから、遊連橋と名付けられたという。」との記載あり。

・『実測大阪市街全図(「大阪建築史夜話」附図:「大阪古地図集成 第21図)』を確認。
道頓堀から難波御蔵跡地(地図上の表記は「大蔵省用地」)へと続く難波入堀川に「遊連橋」の記載あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0012109705>  実測大阪市街全図 -第21図-  大阪都市協会 1980.10
当館書誌ID <0000337726>  大阪市新全図 :明治38年最新版 沢田 正太郎/編纂 沢田幸助 1904(明治37).9
当館書誌ID <0000172312>  大阪府全志 索引 佐古 立子/編 清文堂出版 1986
当館書誌ID <0000172307>  大阪府全志 巻之2 井上 正雄/著 清文堂 1985 9784792402716
当館書誌ID <0000172311>  大阪府全志 附図 井上 正雄/著 清文堂 1985 9784792402754
キーワード
(Keywords)
大阪府大阪市
大阪の橋
難波蔵前町
遊連橋
難波入堀川
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000137224解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!