このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000137213
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20130916-6
事例作成日
(Creation date)
2013年09月16日登録日時
(Registration date)
2013年09月16日 15時57分更新日時
(Last update)
2013年09月16日 17時00分
質問
(Question)
「香合わせ」について知りたい。どのような礼儀作法があるのか?
回答
(Answer)
 ・資料1の「香りの百科事典」に【香合(こうあわせ) incense-matching game】の項目に下の記述が見つけられる。p.291.

 「平安時代の貴族文化のなかで生まれた遊びに“物合わせ”とよばれるものがある。
 菖蒲の根の長さを比べる“根合”のほか、“貝合”“歌合”“会合”などのように、あらゆるものがテーマとなり、競い合わされた。そのなかで、香をテーマとしたものが“香合”とよばれるが、一般に香合という場合は“薫物合”もしくは“名香合”のいずれかを意味する。
 平安貴族社会における香合は多くの場合“薫物合”である。参会者がそれぞれに自ら配合した薫物を持ち寄り、左方・右方に分かれ交互に薫物を焚き比べて判じあう。
 『源氏物語』梅枝の帖では、自邸でくつろぐ光源氏と兵部卿宮の間で興がのり、にわかに始まったプライベートな薫物合という設定で香談義が進められる。源氏の弟でもある兵部卿宮は、源氏をして「薫物の判者はあなた以外にいない」と言わしめるほどの教養豊かな風流人であった。宮はその期待に違わず、幾種類もの薫物をひとつひとつ焚きくらべては、作者の人柄まで偲ばせる香りや、その深さ浅さまで、ていねいに感想を述べてゆくのであった。
 一方、その形式を継承しながら、香木を持ち寄ってその香りや銘の風情を参会者のなかで判じあったのが“名香合”である。香道の世界では“炷合(たきあわせ)”という名で催される。
 “薫物合”“名香合”のいずれも、単に香りの優劣をくらべることだけが主眼ではなく、会の状況や季節感、香につけられた銘のふさわしさなど総合的な要素が判断の基準となる。  [畑 正高]」


 ・また資料2の「香道の歴史事典」では、第3部の香道用語集に【香合わせ】の項目が見つけられる。p.328.

 「歌合・根合のように平安時代に盛行した合わせ物を香木で興行したもので、香の優劣を決める遊び。室町時代の初めから徐々に始まり、練香ではなく、香木を用いる。形式としては参加者が香木を持ち寄り、2人ずつ左右に別れ、優劣を判定する。香木の佳さだけでなく、銘も重要な要素となる。練達の判者に判定を願うが、連衆の判を衆議判といい、判をまとめた文書を判詞という。」


 ・また資料3の「香料博物事典」には、15世紀後半の『五月雨日記』からの引用として、当時の香合わせの作法についてが記述されている。p.74-76.
 ・また資料4の「最新香料の事典」では、日本の香料の歴史が略述され、「宮廷文人の間で薫物(たきもの)が流行し、各自が配合した香を部屋に掛け(掛香または懸香)、その香味を争ったりした(香合)なども行われた。」……とある。p.73.
 ・また資料5の「香りの総合事典」では、【香道】の見出しの項目の記述の中に香合わせの言葉がみつかる。p.103.
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
香道  (792 9版)
油脂類  (576 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】.谷田貝光克 [ほか]編. 香りの百科事典. 丸善, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007631774-00 , ISBN 4621075136 (本学所蔵 576.6//Ka61)
【資料2】.神保博行 著. 香道の歴史事典. 柏書房, 2003.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004196651-00 , ISBN 4760123008 (本学所蔵 792//J52)
【資料3】.山田憲太郎/著. 香料博物事典. 同朋舎出版, 1979.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I004965481-00  (本学所蔵 576.6033//Ko79)
【資料4】.荒井綜一 [ほか]編集. 最新香料の事典. 朝倉書店, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002895671-00  (本学所蔵 576.6033//Sa61)
【資料5】.日本香料協会 編. 香りの総合事典. 朝倉書店, 1998.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002743946-00 , ISBN 4254252404 (本学所蔵 576.6033//Ka61)
キーワード
(Keywords)
薫香
香料
香道
薫物
フレグランス
香水
incense-matching game
インセンス
源氏香
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
東京都立中央図書館
備考
(Notes)
源氏香についての資料はあるか。(東京都立中央図書館)
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000013403 
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000137213解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!