このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000137071
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-201309-05
事例作成日
(Creation date)
2008年07月27日登録日時
(Registration date)
2013年09月13日 09時59分更新日時
(Last update)
2015年12月14日 00時30分
質問
(Question)
中之島の美しさを外国(フランスかイギリスだったように思う)の島に例えて称えた文献があると聞いた。その文献名と例えられた島と川の名前が知りたい。
回答
(Answer)
オールコック(幕末のイギリスの初代駐日公使)の、「島〔中之島〕があって、家がたくさん立っており、セーヌ川のサン・ルイ島のような感じだった。」との記述が『大君の都 中』(オールコック/著 岩波書店,1978)p.382にあり。
回答プロセス
(Answering process)
1.『大阪市史』の調査
 索引「中之島公園」6巻、9巻に記述なし。
2.大阪文献データベース
 『大阪春秋 95号 おおさかの公園』(大阪春秋社,1999)に記述なし。
3.Google
 フランスの代表的な川ということで、“セーヌ川”をキーワードにしてみる。
“中之島”דセーヌ川”ד記述”で検索
 「歴史と感性を考慮した河川整備のあり方についての調査研究」
  http://www.kasen.or.jp/seibikikin/h18/pdf/rep1-22.pdf (2014.4.10確認)が見つかる。
 「第4章 書画から見た人々と河川の関わり」の表4.2「外国人の見た大阪の河川に関する記述とその概要文」の中に、オールコックの「島(中之島)があって、家がたくさん立っており、セーヌ川のサン・ルイ島のような感じだった。」という記述あり。
また、表4.1「記述の調査で抽出した資料の著者名、文献名など」から、オールコックの名前と文献名が『大君の都 幕末日本滞在記』ということがわかる。
 Googleブックス 
“中之島”דセーヌ川”及び ”セーヌ河”で検索
 下記の資料に上記と同内容が紹介されている。
 『日本の近代 10』(伊藤 隆/[ほか]編集委員 中央公論新社,1999.2)がヒットする。当館所蔵あり。
  p.226に「幕末に来日したイギリスの初代駐日公使R.オールコックはその著書『大君の都』のなかで、大阪をつぎのように描写していた。」とあり、 同内容が紹介されている。
 『企業家群像 : 近代大阪を担った人々』(宮本 又次/編 清文堂,1985.4)
 p.4に「これはオールコックが文久元年(一八六一)に長崎から江戸にむかったとき、大阪に立ち寄ったさいの感想であるが・・・」とあり、
 同内容が紹介されている。
4.当館所蔵調査
 著者“オールコック”で検索
 『大君の都 -幕末日本滞在記- 中』p.382に該当の記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0000724105>  日本の近代 10 都市へ 伊藤 隆/[ほか]編集委員 中央公論新社 1999.2 4-12-490110-0
当館書誌ID <0000243046>  企業家群像 -近代大阪を担った人々- 宮本 又次/編 清文堂出版 1985.4 9784792422103
『大君の都-幕末日本滞在記- 中』オールコック/著 岩波書店,1978〈当館書誌ID:0080059467〉
キーワード
(Keywords)
大阪府大阪市
中之島公園
オールコック
中之島
セーヌ川
サン・ルイ島
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000137071解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!