このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000136720
提供館
(Library)
多治見市図書館 (2310097)管理番号
(Control number)
多治見-041
事例作成日
(Creation date)
2013年06月07日登録日時
(Registration date)
2013年09月05日 11時44分更新日時
(Last update)
2013年09月11日 17時30分
質問
(Question)
 梅干し、梅の効用について知りたい。
回答
(Answer)
 「梅干し」、「梅」の栄養成分や効用について記述のある以下の資料を提供した。
 『ウメの絵本』(ウメの果実について、クエン酸、カルシウム、マグネシウムなどの説明)
 『梅しごと』(クエン酸、コハク酸などの有機酸について記載あり)
 『旬の野菜の栄養事典』(主な栄養成分とカテキン酸やピクリン酸の殺菌力の記載あり)
 『松本紘斉のよく効く梅百科』(「第3章 梅で健康になる」に効用の記載あり)
回答プロセス
(Answering process)
 最初に「梅干し」の本を案内するが、作り方のみで効用についての記述なし。自館Opacで検索し、「梅」でヒットした資料を何点か見てみる。
参考図書コーナーから 『果実の事典』(禁帯出)、栄養学の棚から『旬の野菜の栄養事典』、『松本紘斉のよく効く梅百科』を案内する。また児童用の『ウメの絵本』にもウメの機能性について記載あり。自館閉架書庫より『梅しごと』、『梅干百珍』を提供した。効用については、いずれもクエン酸を中心にマグネシウム、カリウム、カルシウムなどの成分について記載あり。『驚異の梅肉エキス13大効用』には、クエン酸のほかに、新成分〈ムメフラール〉の効用について記載されていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 8版)
果樹園芸  (625 8版)
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 8版)
参考資料
(Reference materials)
『果実の事典』杉浦明 宇都宮直樹 片岡郁雄 久保田尚浩 米森敬三/編集 朝倉書店 2008 (p.151「ウメ」の項「ウメおよびその加工品の主な栄養成分」の記載p.154)
『松本紘斉のよく効く梅百科』松本紘斉/著 家の光協会 1998 (第3章「梅で健康になる」に記載p.59~88)
『旬の野菜の栄養事典』吉田企世子/監修 エクスナレッジ 2009 (「うめ」の項に知っておきたい効用の記載p.67)
『梅しごと』中村成子/著 文化出版局 2009 (梅干しの薬効を一杯のお茶にp.86,87)
『梅干百珍』梅料理研究会一同/著 1996 (「梅の成分表」p.108,109)
『驚異の梅肉エキス13大効用』松本紘斉/著 ごま書房 2000
『ウメの絵本』(そだててあそぼう59) よしだまさお/へん みずかみみのり/え 農山漁村文化協会 2004 (ウメの機能性についてp.33)
キーワード
(Keywords)
梅干し
栄養学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000136720解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!