このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000136712
提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図-544
事例作成日
(Creation date)
2013年09月04日登録日時
(Registration date)
2013年09月04日 19時05分更新日時
(Last update)
2014年11月15日 10時44分
質問
(Question)
かつて神戸市中央区の春日野道や、須磨区妙法寺、あるいは灘区岩屋あたりに花街や遊廓があったらしいが、それについて
回答
(Answer)
加藤政洋『花街ー異空間の都市史』朝日新聞社
p.116-132に「西新開地」として現長田区の花町が、
p.214-216に敏馬神社界隈(今の岩屋あたり)の花街について、
p.220-222に「東新開地」として今の春日野道にあたる場所の花街が、
p.222-223に「花街新地」として妙法寺の花街が紹介されている。

また加藤政洋『神戸の花街 盛り場考 モダン都市のにぎわい』神戸新聞総合出版センターには、神戸の盛り場(第1・4・6章)とともに新福原・柳原・新川・花隈・三宮・敏馬・須磨寺(第2章)、新開地(第5章)、西新開地と呼ばれた長田区南部、東新開地と呼ばれた春日野道(第3章)などの花街が紹介される。このほかにも二宮や東出町にも花街があった(P91)。ほかに盛り場についての加藤氏が論説したものには「神戸の新開地の風景」『モダン都市の風景』ナカニシヤ出版などがある。

戦後の風俗街については、茶園敏美『パンパンとは誰なのか』
が詳しい。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会.家庭生活の習俗  (384)
参考資料
(Reference materials)
加藤政洋『花街ー異空間の都市史』 朝日新聞社 2005 (PV:7000311758 3849=N5)
加藤政洋「神戸の新開地の風景」『モダン都市の風景』所収 ナカニシヤ出版 2008 (PV:7200042024 5188=N8)
加藤政洋『神戸の花街 盛り場考 モダン都市のにぎわい』 神戸新聞総合出版センター 2009 (PV:720011094 0012=1649)
茶園敏美『パンパンとは誰なのか』 インパクト出版会 (PV:7200406514 3684=P4)
キーワード
(Keywords)
遊廓
花街
盛り場
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000136712解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!