このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000136661
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-201309-02
事例作成日
(Creation date)
2009年03月05日登録日時
(Registration date)
2013年09月03日 18時03分更新日時
(Last update)
2014年12月28日 00時30分
質問
(Question)
大阪のお好み焼きの歴史について知りたい。
回答
(Answer)
『大阪府の郷土料理』(上島 幸子/[ほか]著 同文書院,1988.7)
p.40~41「お好み焼き」の項に、「一銭洋食」、別名「どんど焼き」がお好み焼きの元祖といわれる、との記述がある。

『大阪学 続』(大谷晃一/著 経営書院,1994.11)
p.33~35に、筆者の体験として、昭和8年頃「洋食焼き」として提供されていたと記述がある。
当時の洋食焼きの説明として、小麦粉を水で溶いて鉄板に流し、干した桜エビ・ネギ・かつお節・青のりを置いて、また水溶き小麦粉をかけて焼いた薄いものにソースをかけて食べていたことが記載されている。
また、昭和14年には「お好み焼き」と名を変え、具の卵・エビ・イカ・牛肉やキャベツ・山芋などを、あらかじめ混ぜておき、焼いて食べるようになっており、洋食焼きより分厚くなっていたことが記載されている。

『「粉もん」庶民の食文化』(熊谷真菜/著 朝日新聞,2007.9)
p.189~193「鉄板粉もんの祖、千利休」に、千利休ゆかり茶書「南方録」に記述のある「フノヤキ(麩の焼き)」は小麦粉をこねて薄く焼き味噌などを塗ったもので、お好み焼きを含む鉄板系の粉もんのルーツとして紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
当館所蔵をフリーワード “お好み焼き”ד大阪”等で検索、ヒットした資料のうち歴史について記載のあった資料をご紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大阪学 続』 大谷晃一/著 経営書院,1994.11 〈当館書誌ID:0000422840〉
『「粉もん」庶民の食文化』 熊谷真菜/著 朝日新聞社,2007.9 〈当館書誌ID:0011494012〉
『大阪府の郷土料理』上島 幸子/[ほか]著 同文書院,1988.7〈当館書誌ID:0000164455〉
キーワード
(Keywords)
大阪府大阪市
お好み焼き
粉もん
歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000136661解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!