このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000136568
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M13071716165917
事例作成日
(Creation date)
2013/04/10登録日時
(Registration date)
2013年09月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
アメリカの養子縁組制度について知りたい。
回答
(Answer)
①p.123~171に「アメリカ合衆国における養子縁組制度」「アメリカ州レベルの養子縁組の実態」の2章があり、養子縁組の概要や方法、手続き等が掲載されている。
②p.177~211に「アメリカ合衆国の里親制度」(Ⅰ)(Ⅱ)の章があり、サンフランシスコ・デンバー・ニューヨーク・オハイオ州の里親制度の事例が紹介されている。
③には、各国の婚姻・出生・養子縁組等の戸籍に関連する法令が掲載されている。p.157~158にアメリカ合衆国の養子縁組の手続きの概要があり、またアメリカは州により法令が異なるため、p.161~510の各州の項にも、それぞれの州の養子縁組の法令・規程等の記載がある。
④p.393~421の「アメリカ合衆国」の章で、アメリカのフォスターケアシステム(里親制度)の役割と構造が紹介されている。
⑤p.194~226の「アメリカの児童養護と子どもの権利」の項で、里親・養子縁組制度を含むアメリカの児童養護の現状が紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369 9版)
参考資料
(Reference materials)
①養子と里親を考える会編『養子と里親』 日本加除出版,2001.1,451p. 参照はp.123-171.
②湯沢 雍彦編著『里親制度の国際比較』 ミネルヴァ書房,2004.5,347 p. 参照はp.177-211.
③木村 三男監修『渉外戸籍のための各国法律と要件 上』 日本加除出版,2007.8,8,60,845 p. 参照はp.157-510.
④マシュー・コルトン編 マーガレット・ウイリアムズ編『世界のフォスターケア』 明石書店,2008.9,508p. 参照はp.393-421.
⑤山縣 文治編著 林 浩康編著『社会的養護の現状と近未来』 明石書店,2007.9,341p. 参照はp.194-226.
キーワード
(Keywords)
養子縁組制度 里親制度
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2013071716124465917
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000136568解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!