このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000136566
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M13071016165912
事例作成日
(Creation date)
2013/07/09登録日時
(Registration date)
2013年09月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
PANDASという病気について知りたい。医者から強迫性障害とチック障害のある児童が溶連菌に感染したときに起こると言われた。
回答
(Answer)
強迫性障害とチック障害について①『現代精神医学事典』を調べたがPANDASに繋がる記載がなかった。
病名で「PANDAS」について②『医学大事典 第2版』、③『標準・傷病名辞典Ver.2.0』で調べたが、確認はできなかった。
事典にない病名であることから、医学中央雑誌のデータベースを「PANDAS」をキーワードにして検索したところ「PANDAS」についての論文を確認した。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
臨床医学.診断.治療  (492 9版)
参考資料
(Reference materials)
①加藤敏ほか『現代精神医学事典』 弘文堂,2011,1391p. 参照はp.234-235.
①加藤敏ほか『現代精神医学事典』 弘文堂,2011,1391p. 参照はp.698-699.
②伊藤正男『医学書院医学大辞典』 医学書院,2009,3528p.
③寺島裕夫『標準・傷病名事典』 医学通信社,2009,781p.
「クローズアップ神経・筋 神経疾患診療の進歩と話題 溶連菌感染関連性精神神経疾患」『小児内科』44巻9号,2012.9,p.1504-1509.
「見落としかねない、見落としてはならない「溶連菌感染の続発症」PANDAS:小児自己免疫性溶連菌感染関連性精神神経障害」『小児科臨床』60巻11号,2007.11,p.2075-2078.
「小児自己免疫性溶連菌関連性神経精神障害(PANDAS)と考えられた女児例」『脳と発達』30巻Suppl,2007.6,p.313.
「PANDASを知っていますか」『順天堂医学』49巻4号,2004.1,p.537-538.
「膠原病:PANDAS」『小児科診療』64巻増刊,2001.4,p.377.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2013071016153265912
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000136566解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!