このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000136538
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M13032712065767
事例作成日
(Creation date)
2013/01/27登録日時
(Registration date)
2013年09月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
俳優、語り部、作家として活躍していた沼田曜一の出身地はどこか。
回答
(Answer)
・①『岡山県人物・人材情報リスト 2011』によると、沼田曜一(ぬまた・よういち)は、本名は美甘正晴、生没年月日は大正13年7月19日~平成18年4月29日、日本大学専門部芸術科演劇科(昭和19年)中退、俳優で、沼田民話座や大地の劇場を主宰していたことわかる。出生地は大阪府大阪市、出身地は岡山県と記載しているが、出生地と出身地の違いは巻頭の凡例では説明されていない。
・②雑誌『Osera』(2006年8月)の「岡山シネマ人物伝 Vol.11 沼田曜一(俳優)」と題した記事には、「真庭市(旧湯原村)出身ということだが、湯原の生まれなのかそれとも本籍があっただけなのか、はっきりしない。本人の発言やプロフィールのデータに一貫性がないのだ。父親が銀行に勤めていた関係で大阪や東京に育ち、東京府立六中を卒業して一九四二年に日大専門部の映画科に入学。」と記載されている。
・「大阪市生まれ」と書かれている資料は、③『日本映画俳優全集 男優編』、④『現代人名情報事典』、⑤『日本児童文学大事典 第2巻 人名な~わ』、⑥『児童文学者人名事典 日本人編・下巻 た~わ行』である。
・「岡山県出身」と書かれている資料は、⑦『絵本 おこりじぞう』、⑧『ふるさと人間ばなし 民話に見る人間像』である。
・「岡山県生まれ」と書かれている資料は、⑨『民話劇場 1 戦争-この悲しきもの』である。
・⑩『山陽新聞』(2002年9月24日朝刊)には「新世紀おかやま人物紀行64 芸能編23 記憶に残る湯原の清流」と題して、沼田曜一のインタビュー記事が載っている。それによると、「少年時代は大阪、東京で過ごしたが、夏や正月の休みに連れて行かれた父の生家が湯原町。自分ではそこを故郷(くに)と思っている」とあり、略歴紹介には「湯原町出身」と書かれている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『岡山県人物・人材情報リスト 2011』日外アソシエーツ株式会社,2010,45,51,874p,参照はp591.
②世良利和「岡山シネマ人物伝 Vol.11 沼田曜一(俳優)」『Osera』No.23,ビザビリレーションズ,2006.8,128p,参照はp123.
③『日本映画俳優全集 男優編』キネマ旬報社,1979,664p,参照はp442.
④『現代人名情報事典』平凡社,1987,1159p.参照はp754.
⑤『日本児童文学大事典 第2巻 人名な~わ』大阪国際児童文学館,1993,629p.参照はp52.
⑥中西敏夫編『児童文学者人名事典 日本人編・下巻 た~わ行』小平 出版文化研究会,1999,702p.参照はp273.
⑦四国五郎『絵本 おこりじぞう』金の星社,1979.参照は奥付.
⑧沼田曜一『ふるさと人間ばなし 民話に見る人間像』松山 愛媛県文化振興財団,1982,124p.参照は奥付.
⑨沼田曜一『民話劇場 1 戦争-この悲しきもの』立風書房,1987,272p.参照は奥付.
⑩『山陽新聞』2002年9月24日朝刊第25面.
キーワード
(Keywords)
沼田曜一
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2013032712083165767
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000136538解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!