このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000136532
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M13032015565747
事例作成日
(Creation date)
2012/12/09登録日時
(Registration date)
2013年09月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
精神障害者保健福祉手帳とはどのようなものか、また取得方法について知りたい。
回答
(Answer)
①精神障害者の社会復帰と自立および社会参加の促進を図ることを目的としており、手帳交付により、地域における精神障害者の状況なども把握することができる。また、手帳には障害の種別と等級などが明記されており、提示することで、さまざまなサービスが利用しやすくなるとの記載がある。
手帳交付の希望者は、居住地を管轄する市町村を経て都道府県知事に申請するがが、家族や医療機関職員などが申請書の提出や受けとりの代行もできると書かれている。申請時に必要な書類についても記載がある。
②平成7年、障害者基本法の改正により、制度化され、精神障害を持つ人が、審査の結果、「一定の障害がある」と証明されると手帳が発行され、自立生活や社会参加の手助けとなるサービスが受けられると書かれている。手帳で受けられるサービスとしてどのようなものがあるかも書かれている。
また、手帳を取るための手続きは申請者の居住地の市町村の役所になること、手帳の申請に必要な書類についても書かれている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369 9版)
参考資料
(Reference materials)
①植田俊幸、佐々木明子編『看護に必要な精神保健制度ガイド』 中山書店,2010.12,9,167p. 参照はp.14-15.
②伊藤千尋ほか編『精神障害のある人と家族のための生活・医療・福祉制度のすべてQ&A』 萌文社,2012.9,284p.参照はp.22-31.
キーワード
(Keywords)
精神障害者福祉
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2013032015575565747
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000136532解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!