このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000136531
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M13031915065746
事例作成日
(Creation date)
2013/03/01登録日時
(Registration date)
2013年09月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
不登校の中学生が再登校できるようにする支援について、親の立場で参考になる本を知りたい。
回答
(Answer)
①不登校の子とその親の意識調査。不登校の親のおかれた状況、不登校支援のニーズなどがまとめられている。
②「児童生徒の状況を理解しようとすることなく、ただ待つだけでは状況は改善しない。子どもと周囲の状況をよく知り、積極的な働きかけをする必要がある」という考え方により、心理学の行動理論および認知理論の原理や技法に基づく具体的な取り組みについて、保護者、カウンセラーを対象として、わかりやすい実践事例の形で書かれている。
③不登校児を持つ親の会の例会の積み重ねによる不登校論を土台に、親と教師が不登校の支援に当たるための方策についてコンパクトにまとめている。
④実践事例を織り交ぜながら、不登校のタイプ別、段階別に具体的に不登校の子どもに関わる際の勘所、援助の実践が書かれている。教師、カウンセラーなどの教育関係者向きとなっているが、再登校をうながすタイミングなど、親にも参考になる。
⑤公・民での不登校支援の取り組みからできてきた適応指導教室、フリースクール、親の会などの不登校支援機関それぞれの特徴を紹介し、各機関を越えた「ネットワーク」中心の支援方法を提案している。
⑥不登校対応について誤解されがちなことをテーマとして取り上げ、その成功例と失敗例から適切な対応のあり方について提示。学校場面と家庭場面にわけ、教師と保護者がその誤解を読み解いていけるように構成されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育学.教育思想  (371 9版)
参考資料
(Reference materials)
①大久保義美、肥田幸子『不登校を母親の視点から考える』 唯学書房,2006.6,5,133p.
②河合伊六『ガイドブック子どもを学校復帰させる方法』 ナカニシヤ出版,2004.9,8,142p.
③佐藤修策ほか『親と教師がむきあう不登校』 あいり出版,2011.3,11,239p.
④小林正幸『事例に学ぶ不登校の子への援助の実際』 金子書房,2004.10,10,204p.
⑤兵庫県不登校研究会『不登校の子どものための居場所とネットワーク』 学事出版,2009.3,123p.
⑥小澤美代子、土田雄一編『学校と家庭を結ぶ不登校対応』 ぎょうせい,2006.7,5,215p.
キーワード
(Keywords)
不登校
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2013031915014665746
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000136531解決/未解決
(Resolved / Unresolved)