このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000136505
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-1D-201308-01
事例作成日
(Creation date)
2009年02月17日登録日時
(Registration date)
2013年08月31日 15時40分更新日時
(Last update)
2017年05月25日 00時30分
質問
(Question)
「ちゃりんこ」という言葉の語源は?差別用語となっていないか確認したい。
回答
(Answer)
以下の当館資料を紹介

商用データベース「JapanKnowledge」『デジタル大辞泉』(2013.8.7.確認)
「ちゃりんこ」の項に「1.子どものすり 2.自転車の俗称」とあり。

『辞典新しい日本語』(井上史雄/編著 東洋書林、2002.6)
p.140に「チャリンコは「こどものすり」を指すことばだった。それが意
味変化(またはことばの廃物利用)を起こしたらしい。韓国語の「
自転車」チャジョンコによるという説もある擬声・擬態語(オノマトペ
ア説)もある。」とあり。

『若者ことば辞典』(米川明彦/著 東京堂出版, 1997.3)
p.135には「自転車。語源は韓国語「チャンルケ」(自転車)からとい
う説と、チャリンチャリンと鳴るベルの音からという説がある。「チャ
ーリー」「チャリ」「チャリキ」「チャリチャリ」などとも言う」とあり。

『集団語辞典』(米川明彦 東京堂出版、2000.2)
p.446にも「チャリンコ スリ、自転車」とあり。

差別用語であるという記述は見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1.当館所蔵の以下の資料には「チャリンコ」の記載はなかった。
『差別用語の基礎知識』(高木正幸/著 土曜美術社出版販売, 
1999.7)
『日本語源大辞典』(前田富祺/監修 小学館、2005.4)
『上方ことば語源辞典』(堀井令以知/編 東京堂出版、1999.8)
『言葉のうんちく辞典』(茅野秀三/著 実務教育出版、1994.12)

2.商用データベース「JapanKnowledge」で「ちゃりんこ」を検索すると
『デジタル大辞泉』および『日本国語大辞典』に記載があった。

3.Web上の次のサイトにも「チャリンコ」が掲載されていた。
井上史雄「新方言辞典稿・インターネット版」(1996年版)
「東海地方に広がっていないのは,以前から若者の間にケッタ/ケッ
ターが使われているからである」等の記述もあり
http://triaez.kaisei.org/~yari/Newdialect/nddic.txt
(2013.8.14確認)

4.3.を受けて、井上史雄氏の図書を検索したところ、資料2,4が見つかる。

5.当館所蔵の辞典を一覧したところ、資料3が見つかる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
方言.訛語  (818 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0010305119>  辞典<新しい日本語> 井上 史雄/編著 東洋書林 2002.6 9784887215320 (資料2)
当館書誌ID <0000599704>  若者ことば辞典 米川 明彦/著 東京堂出版 1997.3 9784490104493 (資料3)
当館書誌ID <0000791384>  集団語辞典 米川 明彦/編 東京堂出版 2000.2 9784490105384 (資料4)
商用データベース「JapanKnowledge」 (資料1)
キーワード
(Keywords)
チャリンコ
自転車
チャリ
チャリキ
チャーリー
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000136505解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決