このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000136320
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
0000000066
事例作成日
(Creation date)
2013/05/30登録日時
(Registration date)
2013年08月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年08月27日 13時04分
質問
(Question)
盲人防空監視哨員が七尾や輪島にいたことを示す資料。
回答
(Answer)
『自立と社会参加への道のり 創立八十周年記念誌』(石川県視覚障害者協会 1999)p,10に「昭和16年(1941)10月:石川県警防課では全国最初の試みとして、盲人を防空監視所に立たせたが、非常に好成績であった。これは七尾市の小林岩次郎、高木寛二、近江谷勤の3青年で殊に小林は同18日父が病死したにも拘らず、「公務を怠るな」との遺言により任務に就き、終了後に葬儀を行ったと伝えられる。それに使用された飛行機音のレコードは今も残っている」とある。しかし何をもとにこの文章が書かれたかは不明。
同書p,148に「当時の新聞を見ても視覚障害者に関する記事は極めて少なく、例えば昭和12年へレン・ケラーが来県した時の記事はさすがに1ページを殆ど埋め尽くすほどであったが、昭和16年の報国団結成や七尾の防空監視のエピソードなどは見当たらず、辛うじて奥村三策頒徳碑除幕式が小さく載ったぐらいです」とある。
他の資料には、関係する箇所は見当たらなかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会  (36 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 自立と社会参加への道のり 石川県視覚障害者協会 1999.9 K379.7/1001 p,10,p,149
キーワード
(Keywords)
盲人防空監視哨員
七尾
輪島
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000136320解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!