このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000135483
提供館
(Library)
茨城県立図書館 (2110017)管理番号
(Control number)
茨201347
事例作成日
(Creation date)
2013年07月19日登録日時
(Registration date)
2013年08月18日 11時55分更新日時
(Last update)
2014年04月06日 14時03分
質問
(Question)
(1)間中雪帆のことを書いた図書があるか
(2)間中雪帆が谷中(東京)臨江寺にある蒲生君平の墓の側に高山彦九郎の墓を建てようとしたと記されている文章を見たが,これに関する記載があるか。
回答
(Answer)
1.『常総の漢詩人』(富村登,富村登遺稿出版後援会,1965)
   P99-148「間中雪帆」
   略伝のほか,交友,日常生活,社会活動,性格等,詳しく記載されている。
   (2)に該当する記述がP101に「雪颿嘗て高山彦九郎の頭髪を蔵し,蒲生君平の墓側に埋めんとせしが故ありて果さざりしと云う。(碑文)」と記載されている。

2.『掃苔 第8巻第4号』(藤浪剛一編,東京名墓顕彰会,1939)
   P114~P115 「間中雪帆と其の墓 近藤杢著」略歴と墓所の案内とがまとめられています。
   (2)に該当する記述がP114に「・・・特に高山仲繩の人となりを慕ひ,嘗て其碑を谷中臨江寺の蒲生君平の碑側に建てやうとして齋藤拙堂に請ひ,文は出来上がったが,幕府を憚って中止したとの事である。・・・」と記載されている。

3.『掃苔 第8巻第6号』(藤浪剛一編,東京名墓顕彰会,1939)
   P153 「間中雪帆について 伊藤武雄著」
   墓所についての解釈と,碑文が書かれている。

4.『郷土文化 第35号』(茨城県郷土文化研究会編・刊,1994)
   P100~P102「詩人 間中雪帆 風見太一著」として,略歴等が記載されている。
   また,(2)に該当する記述がP100に『大日本人名辞書』(田口卯吉編)からの引用として,「・・・雲颿嘗て高山彦九郎の頭髪を蔵し,蒲生君平の墓側に埋んとせしが故ありて果さざりしと言う。」と記載されている。
 引用もとの『大日本人名辞書』は,当館では未所蔵。

5.『岩井市史 通史編』(岩井市史編さん委員会編,岩井市,2001)
  P837 第5章第2節 「教養人の存在」
  「文政元(一八一八)年に生まれた岩井村の間中雪颿(与左衛門,宜之,雪帆,禎卿)は,一六歳のときに江戸の横川善庵の門に入り・・・」と略歴と交友についての記述がある。

6.『岩井の歴史 近世編近現代』(今井隆助,筑波書林,1988)
   P557 第十一章第三節 「文化人・教養・芸術)
   「間中雪帆 雪帆は岩井の吉原吉能の子であった。・・・」と略歴等が書かれている。

7.『日本漢文学大事典』(近藤晴雄,明治書院,1985)
   P627~P628 「まなか うんぱん 間中雪颿」 略歴が簡単にまとまっている。

8.『大日本人名辞書 第4巻』(大日本人名辞書刊行会編・刊,1937)
   P2515 「マナカ ウンパン 間中雪颿」 略歴が簡単にまとまっている。

9.『和歌・俳諧史人名事典』(日外アソシエーツ株式会社編・刊,2003)
   P413 「まなか うんぱん 間中雲颿」略歴が簡単にまとまっている。

10.『茨城の墨蹟』(大内謙二,暁印書館,1993)
    P195 「間中如江」簡単名略歴と,間中雲颿なる書の写真が掲載されている。

11.『茨城の古書画人名事典』(大内健二,暁印書館,1998)
    P158 「間中如江 まなかにょこう」略歴が簡単にまとまっている。

12.『常総古今の学と術と人』(大内地山,水戸学研究会,1976)
    P354 「間中雪帆」略歴が2行程度で紹介されいる。

13.『江戸・東京名墓碑ウォーク』(横山吉男,東京新聞出版局,2002)
    P145「間中雪颿墓(儒者)」菩提寺と墓所の開設が簡単に書かれている。

14.『芸文家墓所誌』(結城素明,学風書院,1953)
    P212「間中雪颿(漢詩)」墓地と略歴が2行程度で紹介されている。

15.『写真集 明治大正昭和 岩井』(長命豊,国書刊行会,1981)
    P63「110 間中雪颿寿蔵碑」間中雲颿の寿蔵碑の写真と,その解説が書かれいる。

16.『岩井町郷土史』(岩井町郷土史研究会編,岩井町教育委員会,1962)
    P133~P136 「間中君雲颿寿蔵碑とその銘」
    間中雲颿の寿蔵碑及び雲颿の書の写真と,解説,寿蔵碑銘の訳文が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
冨村登. 常総の漢詩人. 富村登遺稿出版後援会, 1965. p. 99-148 (当館請求記号 L-910.32-トミ, 当館資料番号 001052130893)
近藤杢. 間中雪帆と其の墓. 東京名墓顕彰会, 1939. 掃苔  第8巻第4号 p. 114-115 (当館請求記号 L-270.3-6-8-4, 当館資料番号 001052805197)
伊藤武雄. 間中雪帆について. 東京名墓顕彰会, 1939. 掃苔 第8巻第6号 p. 153 (当館請求記号 L-270.3-6-8-6, 当館資料番号 001052805213)
風見太一. 詩人 間中雪帆. 茨城県郷土文化研究会, 1994. 郷土文化 第35号 p. 100-102 (当館請求記号 L-200-9-35, 当館資料番号 001052406129)
岩井市史さん委員会. 岩井市史 通史編. 岩井市, 2001. p. 837 (当館請求記号 L-202-イワ-1, 当館資料番号 001053270169)
今井隆助. 岩井の歴史 近世編近現代. 筑波書林, 1988. p. 557 (当館請求記号 L-202-イワ, 当館資料番号 001052471123)
近藤春雄. 日本漢文学大事典. 明治書院, 1985. p. 627-628 (当館請求記号 R-919-80, 当館資料番号 001052367958)
大日本人名辞書刊行会. 大日本人名辞書 第4巻. 大日本人名辞書刊行会, 1937. p. 2515 (当館請求記号 R-281-68-(2)-4, 当館資料番号 001052328430)
日外アソシエーツ株式会社. 和歌・俳諧史人名事典. 日外アソシエーツ, 2003. p. 413 (当館請求記号 R-911.0-ワカ, 当館資料番号 001053079982)
大内健二. 茨城の墨蹟. 暁印書館, 1993. p. 195 (当館請求記号 L-728-16, 当館資料番号 001051718037)
大内健二. 茨城の古書画人名事典. 暁印書館, 1998. p. 158 (当館請求記号 L-720-6, 当館資料番号 001052713623)
大内地山. 常総古今の学と術と人. 水戸学研究会, 1976. p. 354 (当館請求記号 L-273-オオ, 当館資料番号 001051984670)
横山吉男. 江戸・東京名簿碑ウオーク. 東京新聞出版局, 2002. p. 145 (当館請求記号 281.3-ヨコ, 当館資料番号 001000571156)
結城素明. 芸文家墓所誌. 学風書院, 1953. p. 212 (当館請求記号 281-34, 当館資料番号 001051144895)
長命豊. 写真集 明治大正昭和 岩井. 国書刊行会, 1981. p. 63 (当館請求記号 L-202-イワ, 当館資料番号 001052316658)
岩井町郷土史研究会. 岩井町郷土史. 岩井町教育委員会, 1962. p. 133-136 (当館請求記号 L-202-イワ, 当館資料番号 001053418487)
キーワード
(Keywords)
間中雪帆
漢学者
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
間中雪帆・・・漢学者。岩井の人。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000135483解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!