このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000135478
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20130817-1
事例作成日
(Creation date)
2013年08月17日登録日時
(Registration date)
2013年08月17日 23時32分更新日時
(Last update)
2013年08月18日 00時08分
質問
(Question)
「理想」の語源について知りたい。
回答
(Answer)
り‐そう[:サウ]【理想】 日本国語大辞典
〔名〕
(1)({英}ideal の訳語)
哲学で、人間の理性と感情を十分に満足させる最も完全な状態。現実の状態の発展の究極として考えられた最高の形態。実現可能な相対的な究極状態と、実現不可能だがそれでも行為を促す絶対的な状態(神、最高善、永遠)の二つに分かれる。
*利学〔1877〕〈西周〉上・二「行己如人、愛鄰如己云者、在利家道徳、而為理想上極功」
*哲学字彙〔1881〕「Ideal 理想」
*当世文学の潮摸様〔1890〕〈北村透谷〉「愛恋の哲理を授ん、希臘の古哲学と欧米の新理想(リソウ)とを筆に任かせて示しやらん」
*天地有情〔1899〕〈土井晩翠〉万有と詩人「かのプラトンの見るところ 高き理想の夢に酔へ」
【語誌】
(1)西周によって造られた訳語の一つと思われ、当初は(1)のように哲学用語として用いられた。「哲学字彙」には、初版では挙例のほか「Idea 観念」とあるが、改訂増補版(一八八四)では「Idea 観念、理想」「Ideal 理想的、観念的」と改められている。
(2)哲学以外では、(2)のように明治一〇年代の終わり頃から文学理論を論ずる場で、「現実」に対する語として盛んに使用されるようになった。特に、明治二四年から翌二五年にかけての坪内逍遙と森鴎外との「没理想論争」は有名である。→没理想。

大辞林 第三版
②〘哲〙 物や心の最も十全で最高の形態。ふつう現実的具体的なものの対極ないし究極として,知性ないし感情の最高の形態とされる。実現可能な相対的な理想と,到達不可能な絶対的な理想(神・永遠・最高善など)とに区別でき,後者は超越的・規制的なものであり真の理想といえる。 〔英語 idea の訳語。西周(にしあまね)「利学」(1877年)にあり,哲学用語として西周の造語と考えられる〕
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (810 9版)
語源.意味[語義]  (812 9版)
参考資料
(Reference materials)
現代に生きる幕末・明治初期漢語辞典 佐藤亨 著 明治書院, 2007 ISBN:9784625404009
キーワード
(Keywords)
イデア idea
語源
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000135478解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!