このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000135381
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根郷2008-10-002
事例作成日
(Creation date)
2008年10月14日登録日時
(Registration date)
2013年08月15日 09時48分更新日時
(Last update)
2013年08月15日 16時52分
質問
(Question)
出雲弁「だんだん」が「ありがとう」という意味になった理由について知りたい
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、以下の資料を紹介
資料1:p64-65「だんだん」の項では、「だんだん(重ね重ね)ありがとうございます」というべきところを「ありがとうございます」が省略されてただ「だんだん」とのみいうことがある、としている。
資料2:p397「だんだん」の項の①では、幼語として「手を重ねて頂戴すること」と、「色々。大きに。重ね重ね。」の意味を載せる。
資料3:2008年10月1日付「出雲方言『ダンダン』考」では、「ダンダン」は仏教の経典・雑阿含経の四正断の一として出る「断断」からきているとする。また、その意味は、『仏教語大辞典』(中村元)によると「幾度も断ずることを繰り返すこと」で、「くりかえすこと」であり「断然」、謝辞の極まりである、としている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
方言.訛語  (818 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】後藤蔵四郎/著. 出雲方言考. 郷語改善會, 1927.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000682582-00  (当館請求記号 貴重098/1 ※貸出禁止資料)
【資料2】広戸惇, 矢富熊一郎 編. 島根県方言辞典. 島根県方言学会, 1963.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001060424-00  (当館請求記号 貴重098/18 ※貸出禁止資料)
【資料3】山陰中央新報 2008年10月1日付 藤澤秀晴「出雲方言『ダンダン』考-連続テレビ小説『だんだん』によせて-」
キーワード
(Keywords)
方言
出雲弁
ありがとう
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000135381解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ