このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000135049
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2013-003
事例作成日
(Creation date)
2013年05月15日登録日時
(Registration date)
2013年08月03日 14時33分更新日時
(Last update)
2013年11月18日 21時48分
質問
(Question)
鶴舞公園にあった松月斎という茶室について知りたい。
回答
(Answer)
尾張藩12代藩主・徳川斉荘が、自身の書斎兼茶室として建造した数寄屋風書院です。昭和4年に鶴舞公園に移築されましたが、昭和20年の空襲で消失しました。

『角川茶道大事典』、『茶道大辞典』、『愛知県史 別編[7]』で概要がわかります。

『名古屋の公園100年のあゆみ』に外観の写真があり、『茶室の材料と構法』に内部の写真があります。

また、平面図が『愛知県史 別編[7]』、『鶴舞公園案内』にあります。
回答プロセス
(Answering process)
(1)まず、鶴舞公園関係の資料を見ました。
『名古屋の公園100年のあゆみ』p.71に、「昭和20年1月3日、市内全域を対象にB29、70機が爆撃し3,588戸が焼失し、その中で鶴舞公園の松月斎ならびに猿面茶席も消失した。」とあり、外観の写真が掲載されています。『鶴舞公園案内』p.12に説明が、p.21には内部の写真と平面図があります。

(2)『名古屋市史 [第8]』p.402に、明治期、愛知県博物館にあったとの記述があり、p.631に鶴舞公園の庭園の一つのとして記述があります。

(3)『愛知県史 別編[7]』p.243-244に名古屋城内にあったときのことについて書かれています。平面図もあります。

(4)茶道関係の資料を見ました。
『角川茶道大事典』、『茶道大辞典』に記述があります。『茶室の材料と構法』には説明が少しあり、『鶴舞公園案内』と同じ内部の写真があります。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
茶道  (791)
参考資料
(Reference materials)
『名古屋の公園100年のあゆみ』 名古屋の公園100年のあゆみ編集委員会/編集 名古屋市 2010年 p.71
『鶴舞公園案内』鶴舞公園振興協会/共編 鶴舞公園振興協会 1962年 p.12,22
『名古屋市史 [第8]  名古屋市/編 愛知県郷土資料刊行会 1980年 p.402,631
『愛知県史 別編[7]』 愛知県史編さん委員会/編集 愛知県 2006年 p.243-244
『角川茶道大事典』林屋辰三郎/編集委員代表 普及版 角川書店 2002年 p.659
『茶道大辞典』井口海仙/監修 新版 淡交社 2010年 p.573
『茶室の材料と構法』北尾春道/著 彰国社 1967年 p.32,34
キーワード
(Keywords)
茶道
建築―名古屋市
文化―名古屋市
松月斎
茶室
鶴舞公園
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000135049解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決