このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000135033
提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
広瀬2013-事02
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2013年08月02日 18時41分更新日時
(Last update)
2016年11月11日 19時51分
質問
(Question)
造成前の高野原(たかのはら)周辺の地図を見たい。現在の高野原と比べてどう変化したかを調べたい。(小学生からの質問)
回答
(Answer)
 造成前の地図・航空写真として『宮城町誌 史料編』巻末の「宮城町全図」、『航空大写真集 宮城県』を、また、現在の高野原の地図・航空写真として『でっか字 仙台宮城県便利情報地図』、『仙台 仙台市垂直航空写真集 2000年』を紹介した。
 また、『航空写真 空から見た私たちのまち 青葉区西部 2009年版』は、裏面に1980年の写真が掲載されていて、一枚で造成前後の高野原を比較できる写真資料である。
回答プロセス
(Answering process)
 まずは、高野原の造成時期を調べてみる。『仙台市青葉区宮城地区 平成風土記』のp.77によれば、高野原は平成元年~8年にかけて造成された団地である。そこで造成前(1990年以前)と造成後の地図を比較することにした。
 高野原造成以前の地図は『宮城町誌 史料編』巻末の「宮城町全図」、現在の高野原の地図は『でっか字 仙台宮城県便利情報地図』(p.25)で確認することができた。
その他、高野原周辺の航空写真が載っている資料3冊も紹介した。 その中の一冊『航空大写真集 宮城県』(p.22)には宮城町の1:50000地形図(昭和55年)が掲載されており、そこでも造成前の高野原周辺を確認することができた。さらに、市民図書館には1990年以前のゼンリン住宅地図が所蔵されていること、それを見れば住宅地図の比較ができることもお伝えした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『宮城町誌 史料編』(宮城町誌編纂委員会編宮城県宮城町役場 1965年)
『でっか字 仙台宮城県便利情報地図』(昭文社 2008年)
『航空大写真 宮城県』(田辺健一総監修 宮城県教科書供給所 1981年)
『仙台 仙台市垂直航空写真集 2000年』(マップシステムカンパニー 1999年)
『航空写真 空から見た私たちのまち 青葉区西部 2009年版』(マップシステムカンパニー 2009年)※裏面は1980年版
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000135033解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!