このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000135000
提供館
(Library)
文化学園大学図書館 (3310049)管理番号
(Control number)
新都心2013-001
事例作成日
(Creation date)
2013年04月30日登録日時
(Registration date)
2013年08月01日 17時21分更新日時
(Last update)
2013年08月01日 17時22分
質問
(Question)
三角帽をかぶった海賊の図や写真を見たい。メンズコレクションで三角帽をかぶったものがあればその写真を見たい。
回答
(Answer)
1. 三角帽をかぶった海賊の図や写真については、以下の資料を紹介した。
図書
①『図説海賊』 p.88, 98, 103, 108
②『図説海賊大全』 p.50, 150
③『海賊の歴史 : カリブ海、地中海から、アジアの海まで』 p.19, 280, 357
④『ハット&キャップ : 今あるすべての帽子が集結!』 p.104

2. メンズコレクションの写真については、シーズンやブランドを特定できなかったが、以下の資料を紹介した。
雑誌
⑤『Men's collections』
⑥『Gap press men = ギャップ・プレス・メン』 

回答後、⑦オンラインデータベース『AFP World Academic Archive』で
「tricorne」「pirates hat」「cocked hat」などキーワード検索したところ、
三角帽をかぶった海賊の画像や、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の画像はヒットしたが、
メンズコレクションの画像はみつからなかった。(2013/07/19最終確認)
また、図書⑧『ビジュアル博物館 第59巻 海賊』p.2に三角帽の真上からの写真あり。

(参考に) 三角帽について
⑨『ファッション辞典 第3版』  p.613
  「トリコルヌ [tricorne フ ] 三角帽のこと。ふちの部分が三つに分かれて上に折り返され、山部分が中に隠れた形の帽子で、フェルトなどの柔らかい素材でつくられた。主にフランスで17世紀末から18世紀末に着用された。」
  「トライコーン [tricorn] トリコルヌの英語名」
⑩オンラインデータベース『ブリタニカ・オンライン・ジャパン』
⑪『帽子講座 4版』  p. 205-206 図あり
  「男性の礼装用帽子はトリコーン tricorn またはコックドハット cocked-hat と呼ばれる。これはブリムの縁に羽根飾り、金のブレード、レースを飾ったフェルトあるいはビーバー製の大きな帽子である。」

ほかに、インターネット百科事典『ウィキペディア』では「三角帽子」の項目があり、三角帽の写真やイラストを見ることができる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E5%B8%BD (2013/08/01最終確認)
回答プロセス
(Answering process)
まず、三角帽について調べた。
⑨『ファッション辞典』で調べたが「三角帽」ではみつからなかった。
⑩オンラインデータベース『ブリタニカ・オンライン・ジャパン』を使い「三角帽」を検索したところ、
「かぶりもの/中世」の項目に「「トリコルヌ」tricorne (三角帽)」の記述あり。(2013/06/12最終確認)

再度⑨『ファッション辞典』を調べるとp.613に「トリコルヌ」の項目あり。
「トリコルヌ [tricorne フ ] 三角帽のこと。ふちの部分が三つに分かれて上に折り返され、山部分が中に隠れた形の帽子で、フェルトなどの柔らかい素材でつくられた。主にフランスで17世紀末から18世紀末に着用された。」
同ページに「トライコーン [tricorn] トリコルヌの英語名」とあったが、三角帽の図はなかった。

⑪『帽子講座』の「帽子の歴史 バロック」の項 p.206 に記述あり。
「男性の礼装用帽子はトリコーン tricorn またはコックドハット cocked-hat と呼ばれる。これはブリムの縁に羽根飾り、金のブレード、レースを飾ったフェルトあるいはビーバー製の大きな帽子である。」
また p.205 には三角帽の図あり。

次に、海賊について書かかれている資料のなかで、三角帽をかぶっている図を探した。
①『図説海賊』、②『図説海賊大全』、③『海賊の歴史 : カリブ海、地中海から、アジアの海まで』に三角帽をかぶった海賊の図があり。
④『ハット&キャップ : 今あるすべての帽子が集結!』では p.104 に映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の登場人物ジャック・スパロウの写真とレプリカの三角帽の写真があったので紹介した。

次に、メンズコレクションで三角帽をかぶっている写真を探した。
雑誌⑤『Men's collections』や⑥『Gap press men = ギャップ・プレス・メン』にはメンズコレクションの写真が掲載されているが、
バックナンバーが多くあり、そのなかから探すのは時間がかかるので、画像を探す手がかりを得ようと、
アメリカ版Vogueを収録しているオンラインデータベース『The Vogue Archive』で調べた。
「tricorn」などのキーワードでいくつかヒットするが、
元々レディスのファッション雑誌なのでメンズコレクションの情報は見つけられなかった。
どのシーズンのコレクションか特定できなかったが、⑤『Men's collections』や⑥『Gap press men = ギャップ・プレス・メン』を紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
その他の雑工業  (589 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『図説海賊 (ふくろうの本) 』(増田義郎著 河出書房新社 2006.7) p.88, 98, 103, 108
②『図説海賊大全』(デイヴィッド・コーディングリ編 ; 増田義郎, 竹内和世訳 東洋書林 2000.11) p.50, 150
③『海賊の歴史 : カリブ海、地中海から、アジアの海まで (「知の再発見」双書)』(フィリップ・ジャカン著 ; 後藤淳一, 及川美枝訳 創元社 2003.12) p.19, 280, 357
④『ハット&キャップ : 今あるすべての帽子が集結! (別冊Lighting)』(枻出版社 2011.8) p.104
⑤『Men's collections』(ギャップ ジャパン 1989.3-)
⑥『Gap press men = ギャップ・プレス・メン』(ギャップ ジャパン 2002.8-)
⑦オンラインデータベース『AFP World Academic Archive』 http://www.afpwaa.com/ (2013/07/19最終確認)
⑧『ビジュアル博物館 第59巻 海賊』(リチャード・プラット著 ; ティナ・チャンバース写真 同朋舎出版 1995)p.2
⑨『ファッション辞典 第3版』(文化出版局, 文化女子大学教科書出版部編 文化出版局 2001.11) p.613
⑩オンラインデータベース『ブリタニカ・オンライン・ジャパン』 http://japan.eb.com/ (2013/06/12最終確認)
⑪『帽子講座 4版』(サロン・ド・シャポー学院 1987.10) p.205-206
キーワード
(Keywords)
三角帽
三角帽子
tricorne
トリコルヌ
tricorn
トリコーン
cocked hat
海賊
パイレーツ
pirates
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000135000解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ