このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000134855
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000012003
事例作成日
(Creation date)
2013/07/09登録日時
(Registration date)
2013年08月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年08月08日 10時25分
質問
(Question)
文章を書く時、縦書きの場合は数字は漢字で、横書きの場合はアラビア数字で書くが、どこか文科省のような機関で決めらているのか?規定や法令のようなものがあるのか?また、逆に縦書きの時にアラビア数字を、横書きの時に漢数字を使ってもよいのか?間違いなのか?
回答
(Answer)
数字の書き表し方については、公用文作成の要領(昭和27年4月4日内閣閣申第16号依命通知)の中の『公文書の書式と文例』に記載されているが、横書きの場合しかふれていない。『ことばの表記の教科書』には縦書きは漢数字、横書きはアラビア数字を使うのが原則である(ただし、新聞では縦書きでも近年アラビア数字を使うようになった)と記載。なお、逆の書き方が間違っているという記述は見つからなかった。『ことばの表記の教科書』『表記の手引き』を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
自館の3類、8類の書架を調査。3類には適当な資料はみあたらず。
『常用漢字表による公用文作成の手引』 第一法規編集部/編 第一法規には、例外を除いてアラビア数字を用いる、とのみ記載。また、『表記の手引き 松村 明/校閲 教育出版には先述の
「公用文作成の要領」についての記載があり、この通知を参考に縦書きの場合、横書きの場合を解説している。さらに『ことばの表記の教科書』佐竹 秀雄/著 ベレ出版には「縦書きは漢数字、横書きはアラビア数字を使うのが原則である(ただし、新聞では縦書きでも近年アラビア数字を使うようになった)」と記載されていた。
なお、逆の書き方が間違っているという記述は提供した資料には記載されていなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『表記の手引き』松村 明/校閲(教育出版) (p8-10)
『ことばの表記の教科書』佐竹 秀雄/著(ベレ出版) (p145)
『常用漢字表による公用文作成の手引』第一法規編集部/編(第一法規) (p38)
キーワード
(Keywords)
日本語(ニホンボ)
文章(ブンショウ)
書式(ショシキ)
数字(スウジ)
表記(ヒョウキ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000134855解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!