このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000134777
提供館
(Library)
神奈川県学校図書館員研究会 (5000008)管理番号
(Control number)
照会-2013-022
事例作成日
(Creation date)
2013年06月05日登録日時
(Registration date)
2013年07月30日 15時19分更新日時
(Last update)
2018年09月14日 09時25分
質問
(Question)
高校生の食生活について書かれた本を探している。
ここ数年で出たもので、数ページの記載ではなく、全体的に書かれたものがよい。
回答
(Answer)
次の資料を紹介した。

『知っていますか子どもたちの食卓』 足立 己幸、 NHK「子どもたちの食卓」プロジェクト著 日本放送出版協会 2000.2

『日本で一番まっとうな学食 自由の森学園食生活部の軌跡』 山本 謙治編著 家の光協会 2010.7

『崩食と放食 NHK日本人の食生活調査から』 NHK放送文化研究所世論調査部編 日本放送出版協会 (生活人新書)  2006.12

『子どもの体が危ない 知らずに食べている危険な食品』 幕内 秀夫著 PHP研究所 2007.6

『今、子どもの「食」を考える』上瀬英彦 文芸社 2003
*ここ10年のデータを補えば内容的には使えそう

『スクールカーストの闇 なぜ若者は便所飯をするのか』 和田 秀樹著 祥伝社 (祥伝社黄金文庫) 2013.6
*便所飯の心理と病理を解読する

『家族の勝手でしょ! 写真274枚で見る食卓の喜劇』 岩村 暢子著 新潮社 (新潮文庫) 2012.10

『「親の顔が見てみたい!」調査 家族を変えた昭和の生活史』 岩村 暢子著 中央公論新社 (中公文庫) 2010.8


農林中央金庫が2012年4月に「第2回現代高校生の食生活、意識と実態調査」を行い、サイトに調査結果(pdfファイル)がアップされている。
*「首都圏の高校生の男女400名(男女各200名)を対象に実施した、食事や“食”にかかわる意識と実態についての調査」とある。
https://www.nochubank.or.jp/efforts/research.html  (2018.9.14閲覧)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000134777解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!