このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000134341
提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻132
事例作成日
(Creation date)
2013年03月15日登録日時
(Registration date)
2013年07月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年11月24日 11時58分
質問
(Question)
屋号について書かれている資料が見たい。(お店や企業ではなく、一般の住宅について。)
回答
(Answer)
【資料1】p719に、屋号とは「屋敷、あるいは家につけられた呼称」で、「同族による同じ名字が多い村落において、ここの家を区別するために成立したとされる。つまり、苗字が同じ一族や同族であることを示すのに対し、屋号は村落内の個々の家への呼称である」との記述と、命名のしかたによる分類がある。また、
【資料2】p172に屋号の分類について詳しい記述がある。(地勢、職業、祖先の名など、由来によって分類されている。)
【資料3】に村落政治に関する記述があり、「家の権力とムラの秩序」の項において、屋号のもつ意味について触れられている。
【資料4】p108には屋号の図説が、【資料5】p68、124には実際に表示されている屋号の写真がある。
【資料6】看板の項の、暖簾に関する説明の中で屋号についての記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
1)まずはじめに、「屋号」をキーワードに蔵書検索をしたところ、『屋号・商標100選』(島 武史/著、日本工業新聞社、1986)がヒットし、確認すると企業の屋号についての資料であり質問の内容とは違っていた。

2)奈良井宿等の宿場町によく掲げてある屋号について、とのことだったので、宿場町、街道に関する資料のほか、民家、苗字に関する資料を確認したが、記述は見つからなかった。
奈良井宿関連資料、『木曽・楢川村誌』等の郷土資料にも当ってみたが記述は見つからなかった。

3)古くからの暮らしに関する事柄であるため、民俗学の事典を引いてみたところ、【資料1】に屋号の項目が見つかった。この記述の参考文献をたどったところ、当館では【資料2、3】を所蔵しており、これらに屋号についての記述が見つかった。
参考文献のうち、当館で未所蔵であった「家名のこと」(早川孝太郎/著、雑誌『民俗学』3(12)民俗学会、1931に所収)については、県内図書館に所蔵があった。

4)民俗学の棚よりほかの資料も確認したところ、【資料4、5】に記述が見つかった。

5)また、江戸時代ごろから使われはじめたとの記述があったことから、江戸時代の事柄に関する資料を確認したところ、【資料6】に若干の記述が見つかった。

6)自館以外の資料より検索したところ、長野県内に所蔵があるものでは、『屋号語彙の開く世界』(岡野 信子/著、和泉書院、2005)、『屋号語彙の総合的研究』(岡野 信子/著、武蔵野書院、2003)に記述がありそうだったので、借り受け可能であることも併せてお伝えした。


7)その他、調査時にお伝えすることはできなかったが、他機関より以下の情報を寄せていただいた。
・国立歴史民俗博物館のウェブサイト内にある「日本民俗学文献目録データベース」( http://www.rekihaku.ac.jp/up-cgi/login.pl?p=param/ni2/db_param 最終確認日:2013.7.27)より、民俗学関連の文献を検索することができる。
・web上よりgoogleにて「奈良井宿 屋号」のキーワードで検索すると、「塩尻市観光協会」( http://www.tokimeguri.jp/kawaraban/)および「奈良井宿観光協会」( http://www.naraijuku.com/map/)のページより『奈良井宿かわらばん』を閲覧することができる。(最終確認日:2013.7.27)
そのうちNo.3で奈良井宿における屋号について述べられており、「日本における屋号は、江戸の昔、身分制度により武士以外は苗字を名乗ることができなかったため、屋号をつけるようになったといわれています。」との記述がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
風俗習慣.民俗学.民族学  (380 9版)
風俗史.民俗誌.民族誌  (382 9版)
社会.家庭生活の習俗  (384 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】福田アジオ [ほか]編. 日本民俗大辞典 下. 吉川弘文館, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002910351-00 , ISBN 4642013334
【資料2】柳田 国男/編. 山村生活の研究. 国書刊行会, 1981.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I002152057-00
【資料3】赤田光男 [ほか]編. 講座日本の民俗学 3. 雄山閣出版, 1997.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002547924-00 , ISBN 4639014082
【資料4】福田アジオ, 内山大介, 小林光一郎, 鈴木英恵, 萩谷良太, 吉村風 編. 図解案内日本の民俗. 吉川弘文館, 2012.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023207243-00 , ISBN 9784642080613
【資料5】福田アジオ, 古家信平, 上野和男, 倉石忠彦, 高桑守史 編. 図説日本民俗学. 吉川弘文館, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010602525-00 , ISBN 9784642080279
【資料6】西山松之助 [ほか]編. 江戸学事典. 弘文堂, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001699983-00 , ISBN 4335250134
キーワード
(Keywords)
屋号
民俗学
苗字
奈良井宿
村落政治
家号
家名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
聖学院大学総合図書館
千葉県立東部図書館
レファ協企画協力員 寺尾隆様
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000134341解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!