このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000134097
提供館
(Library)
福岡市総合図書館 (2210003)管理番号
(Control number)
2013.07-01
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2013年07月20日 15時39分更新日時
(Last update)
2013年07月23日 12時30分
質問
(Question)
福岡藩の医師であった原三信という人物が、『解体新書』より以前にドイツ人レメリンの人体解剖図の写本を作っていたらしい。そのことについて述べられている資料はあるか。
回答
(Answer)
①「原三信・本木良意-日本最初の西洋解剖書」の章に記述ある。
②原三信外科免許授与300年を記念して出版されたもの。レメリンの解剖図とそれを模写した原三信の解剖図が対比して紹介されている。写真が大きくわかりやすい。また、内容的にも詳しく、充実している。なぜこの写本が解体新書のように有名にならなかったのかについても述べられている。
③「学問と教育」の章「蘭学」の項目に記述ある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
①ヴォルフガング・ミヒェル, 鳥井裕美子, 川嶌眞人 共編. 『九州の蘭学 : 越境と交流.』 思文閣出版, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010334129-00 , ISBN 9784784214105
②原三信 編.『 日本で初めて翻訳した解剖書.』 六代原三信蘭方医三百年記念奨学会, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002445555-00 , ISBN 4784208844
③西日本文化協会 編纂. 『福岡県史 通史編 [1] (福岡藩 文化 上)』. 福岡県, 1993.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002298434-00
キーワード
(Keywords)
原三信
レメリン
解剖
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000134097解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!