このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000133694
提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻128
事例作成日
(Creation date)
2013年04月02日登録日時
(Registration date)
2013年07月12日 19時24分更新日時
(Last update)
2013年07月12日 19時25分
質問
(Question)

犯罪報道について、松本サリン事件のように、報道のために人権を侵害された事例をいくつか知りたい。

回答
(Answer)
当館所蔵の資料としては下記の【資料1~5】などがある。

【資料1】 「第3部 報道事例と問題点」
【資料2】 「第2部 報道事例と問題点」
【資料3】 「志布志事件」に関する報道について詳しく書かれている。
【資料4】 「桶川ストーカー殺人事件」、「福岡一家四人殺害事件」について記述あり。
【資料5】 コラム「マスコミ被害の実例1~9」あり。
回答プロセス
(Answering process)
新聞、ジャーナリズムに関する書架をブラウジングし、見つけた資料中の記述を参考に改めて「報道被害」「マスコミ被害」などのキーワードで蔵書検索を行った。
また、当館契約の商用データベースで新聞記事を検索したところ、参考になる事例について書かれたいくつか記事がヒットした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ジャーナリズム.新聞  (070 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 読売新聞社 編. 「人権」報道 : 書かれる立場書く立場. 中央公論新社, 2003. p.220
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004022492-00 , ISBN 4120033554
【資料2】 読売新聞社 著. 新・書かれる立場書く立場 : 読売新聞の「報道と人権」. 読売新聞社, 1995. p.61
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008869812-00 , ISBN 4643950366
【資料3】 木村朗 編. メディアは私たちを守れるか? : 松本サリン・志布志事件にみる冤罪と報道被害. 凱風社, 2007. (市民講座・いまに問う)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009182435-00 , ISBN 9784773632033
【資料4】 梓澤和幸 著. 報道被害. 岩波書店, 2007. (岩波新書) p.65
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008422465-00 , ISBN 9784004310600
【資料5】 宮原守男 監修 , 松村光晃, 中村秀一 編. 名誉毀損・プライバシー : 報道被害の救済-実務と提言. ぎょうせい, 2006. p.2-8
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008351649-00 , ISBN 4324080526
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000133694解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決