このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000133347
提供館
(Library)
三重県立図書館 (2110033)管理番号
(Control number)
0030001296
事例作成日
(Creation date)
20130105登録日時
(Registration date)
2013年07月06日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年08月23日 08時39分
質問
(Question)
「皇大神宮建久巳下古文書」を見ることはできるか。
現在の鈴鹿市国分町は昔、山鹿村だったことがこの文書に書いてあるらしいので確認したい。
回答
(Answer)
文書自体は神宮文庫の所蔵ですが、当館所蔵の『神宮古典籍影印叢刊6 神宮神領記』で影印を見ることができます。
p116~117山辺御薗の条に「山鹿村は国分寺領と号す」という記述があります。
回答プロセス
(Answering process)
神宮関係の古文書らしいので『神宮文庫所蔵和書総目録』を引くと、「皇大神宮建久巳下古文書」を所蔵していることが分かった。
またこの文書が別名「神宮雑書」と呼ばれることも分かった。
「皇大神宮建久巳下古文書」で所蔵検索しても該当なしだったが、「神宮雑書」で検索すると『神宮古典籍叢刊』がヒットする。
大鹿村の件については、「国分町 大鹿村」でgoogle検索してみたところ、県史編さん室のページ内「県史Q&A」にたどりついた。
「古代の有力氏族、伊勢大鹿氏」で、「皇大神宮建久巳下古文書」に言及しており、山辺御薗の条に「大鹿村は国分寺領と号す」という記述があることが確認できた。
『三重県の地名』の(鈴鹿市)山辺村、国分村の項を見ると、上記文書記述が大鹿村が後の国分村であることを示す根拠となったとある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
神宮古典籍影印叢刊 6 神宮古典籍影印叢刊編集委員会/編集 皇学館大学出版部 1983
神宮文庫所蔵和書総目録 神宮司廳/編 戎光祥出版 2005.3
県史Q&A 三重県生活文化部学事課県史編さん室/編集 三重県生活文化部学事課県史編さん室 1998.3
日本歴史地名大系 24 三重県の地名 平凡社 1983.5, ISBN 4-582-49024-7
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000133347解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決