このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000133194
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2007-09-003
事例作成日
(Creation date)
2007年09月18日登録日時
(Registration date)
2013年07月02日 11時15分更新日時
(Last update)
2014年01月31日 11時25分
質問
(Question)
数学者である森重文が、1990年フィールズ賞を受賞した業績に関する論文がみたい。
回答
(Answer)
調査した結果、【資料4】がフィールズ賞をとる2年前、森氏の業績をまとめた論文であり、この雑誌は当館未所蔵だが、県内の島根大学附属図書館に所蔵しており、その後、PDFで見ることができることが判明。そのほか、森氏のフィールズ賞に関連した雑誌記事なども紹介。

資料1:「フィールズ賞」の概要、1936年(第1回)~2002年までの受賞者、業績内容がまとめられている。1990年には、森氏の名前があり、「ハーツホーン予想の解決,特に3次元極小モデルの存在証明」とある。また、フィールズ賞は、数学の「ノーベル賞」ともいわれ、4年ごとに国際数学者会議において、顕著な業績をあげた40歳までに限定された数学者に対して贈られるとある。
資料2:p599「森重文」の項目では、1990年にフィールズ賞を受賞した記述あり。
資料3:フィールズ賞受賞した際の解説記事。
資料4:88年論文。→ この論文が掲載されている雑誌のバックナンバーがPDFで無料公開されており、この論文も読むことができる。
資料5:森重文氏98年の著作。
資料6:日本人でフィールズ賞受賞した森氏を含めた3人の業績について書かれた記事。参考文献あり。
資料7:森理論の誕生から3次元極小モデルの構成まで、森氏の業績について書かれた記事。参考文献あり。
資料8・9:森氏フィールズ賞受賞に関する雑誌『数学セミナー』掲載記事。※当館未所蔵(1996.4から『数学セミナー』受入)
資料10・11:森氏フィールズ賞受賞に関する雑誌『数学』掲載記事。※当館未所蔵(1997.4から『数学』受入)
資料12:森氏フィールズ賞受賞に関する雑誌『科学朝日』掲載記事。
回答プロセス
(Answering process)
(1) 参考図書【資料1・2】で、フィールズ賞および受賞した内容を確認。

(2) 〔朝日新聞オンライン記事データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」〕 http://www.asahi.com/information/db/ (最終確認2014/1/31 ※契約必要)で、受賞した際の記事を検索し、内容を確認。→(【資料3】)

(3) 【資料3】より、「この業績は140ページにのぼる論文にまとめられ、1988年、米国数学会が創立100周年記念に創刊した新雑誌の第1号を飾った」とあることから、〔CiNii Articles〕 http://ci.nii.ac.jp/ (最終確認2014/1/31)で「森重文」を検索。→論文【資料4】が当時ヒットし、県内では島根大学に所蔵があることが判明。→その後、PDFで見ることができることを確認。

(4) 自館OPACで「森重文」を全項目検索。→【資料5・6】

(5) 〔NDLサーチ〕 http://iss.ndl.go.jp/ (最終確認2014/1/31)で「森重文」の記事・論文を検索。

<参考として>
〔Wikipedia:森重文〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E9%87%8D%E6%96%87 (最終確認2014/1/31)
フィールズ賞 / 受賞年: 1990年 / 受賞理由:「三次元代数多様体の極小モデルの存在証明」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
数学  (410 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 日外アソシエーツ株式会社 編. 世界の賞事典. 日外アソシエーツ, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007644032-00 , ISBN 4816918876 (p92~93「フィールズ賞」 当館請求記号 R377.7/セ05/ ※貸出禁止資料)
【資料2】 A.I.ボロディーン, A.S.ブガーイ 編 , 千田健吾, 山崎昇 訳. 世界数学者人名事典 増補版. 大竹出版, 2004.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007362786-00 , ISBN 4871860973 (p599「森重文」 当館請求記号 R410.3/ボ04/ ※貸出禁止資料)
【資料3】 1990年8月21日付朝日新聞記事 「3次元の代数多様体の極小モデル証明 フィールズ賞の森教授<解説>」
【資料4】 Shigefumi Mori  Flip theorem and the existence of minimal models for 3-folds. Journal of the American Mathematical Society Vol. 1, No. 1 (Jan., 1988), pp. 117-253 (〔JOURNAL OF THE AMERICAN MATHEMATICAL SOCIETY〕 http://www.ams.org/journals/jams/1988-01-01/S0894-0347-1988-0924704-X/S0894-0347-1988-0924704-X.pdf (最終確認2014/1/31)※Free Access)
【資料5】  Janos Kollar, 森重文 著 岩波講座現代数学の展開 16. 岩波書店, 1998.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000808915-00  (当館請求記号 410.8/イ/16)
【資料6】 特集 この20年で数学に何が起こったか 目指せ!フィールズ賞!!/森重文氏フィールズ賞受賞 . 数学セミナー 50(4) 2011-4 p. 7~13
【資料7】 藤野 修. .現代代数学の歩み(第18回)森重文. 数学セミナー 45(5) 2006-05  p. 82~87
【資料8】 森 重文. 浪川 幸彦. 数セミ編集部. 森重文(受賞者インタビュー). 数学セミナー 30(3) 1991.02 p. 6~9 (※当館未所蔵(『数学セミナー』1996.4から受入))
【資料9】 中山 昇. 森重文 フィールズ賞物語<特集>. 数学セミナー 29(12) 1990.12 p. 2~7 (※当館未所蔵(雑誌『数学セミナー』1996.4より受入))
【資料10】 向井 茂. 森重文氏の業績 特集フィールズ賞受賞者紹介. 数学 43(1) 1991.01 p. 40~47 (※当館未所蔵 (雑誌『数学』1997.4より受入))
【資料11】 隅広 秀康. 森重文氏 特集フィールズ賞受賞者紹介. 数学 43(1) 1991.01 p. 47~50 (※当館未所蔵 (雑誌『数学』1997.4より受入))
【資料12】 飯高 茂. 見えない図形の手術師--フィールズ賞の森重文さん. 科学朝日 50(10) 1990.10 p. 34~37
キーワード
(Keywords)
森重文
Shigefumi Mori
フィールズ賞
数学
代数多様体
極小モデル
代数幾何学
ハーツホーン予想
Fields Medal
森プログラム
森理論
フリップ
国際賞
ノーベル賞
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000133194解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決