このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000133074
提供館
(Library)
国立教育政策研究所教育図書館 (4110014)管理番号
(Control number)
NIER20130167
事例作成日
(Creation date)
20130628登録日時
(Registration date)
2013年06月28日 10時25分更新日時
(Last update)
2013年07月01日 17時52分
質問
(Question)
日本において日本人が学ぶ言語の種類はどのくらいあるか?また、それぞれの外国語を学んでいる人数等を知りたい。
学校を卒業してからのデータがほしい。
回答
(Answer)

総務省統計局のWEBページ
平成23年社会生活基本調査 調査の結果 統計表一覧 より
調査票Aに基づく結果 生活行動編 「学習・自己啓発・訓練」 全国 を紹介したが、外国語の細かい種類までは不明。

※調査は、10歳以上が対象であるため、学校卒業前も含まれている。

回答プロセス
(Answering process)
1.当館OPACで検索
  『世界の外国語教育政策 日本の外国語教育の再構築にむけて』という本がヒット。
  
→日本についての頁が少なく、データは見当たらなかった。

 
2.レファレンス共同データベースにて検索。
  管理番号2009-150
  【質問】日本における外国語学習者のデータが欲しい。例えば、現在学習している外国語はないか、これからする予定はないか、などのアンケート結果のようなもの。
  の回答より、『社会生活基本調査報告』と『語学ビジネス徹底調査レポート』が紹介されていた。
  
→当館OPACで再度検索
   『平成18年 社会生活基本調査報告』(総務省統計局)の所蔵があった。
  管理番号2009-150の回答を参考に、第2巻 全国 生活行動編」の「第6表 男女、学習・研究の種類、頻度・目的・方法別行動者数、平均行動日数及び行動者率」
  の「外国語」「英語」「英語以外の外国語」の学習者数や学習頻度、目的などの集計データ、表7~10も外国語学習者についてのデータを紹介。
  ただ、外国語の細かい種類までは不明。

3.『平成18年 社会生活基本調査報告』は、総務省統計局の報告書なので総務省統計局のWEBページを検索。
  平成23年社会生活基本調査 調査の結果 統計表一覧 のページより
  調査票Aに基づく結果 生活行動編 「学習・自己啓発・訓練」 全国 を紹介。
  ただ、外国語の細かい種類までは不明。

事前調査事項
(Preliminary research)
文部科学省生涯学習政策局推進課へ問合せ。
NDC
日本  (351)
参考資料
(Reference materials)
大谷泰照 [ほか]編著. 世界の外国語教育政策 : 日本の外国語教育の再構築にむけて. 東信堂, 2004
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007305966-00, ISBN 4887135432 (.,【当館請求記号】375.89||71)
総務省統計局 編. 社会生活基本調査報告 平成18年 第2巻 (全国生活行動編(調査票A)). 日本統計協会, 2008
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009352317-00, ISBN 9784822334789 (【当館請求記号】365.5059||1||2006(2))

総務省統計局のWEBページ
平成23年社会生活基本調査 調査の結果 統計表一覧 より
調査票Aに基づく結果 生活行動編 「学習・自己啓発・訓練」 全国
http://www.stat.go.jp/data/shakai/2011/h23kekka.htm

キーワード
(Keywords)
通信教育
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000133074解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!