このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000132604
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
15127
事例作成日
(Creation date)
2013年06月16日登録日時
(Registration date)
2013年06月18日 18時35分更新日時
(Last update)
2015年02月02日 14時16分
質問
(Question)
いろいろな運動で消費されるカロリーが一覧できるような本は?
回答
(Answer)
書名に消費カロリーを含む次のような図書が適していると思うが、当館所蔵なし。

 ・動いてやせる!消費カロリー事典 1日の生活で減らせるカロリー量がひと目でわかる! 田中茂穂/監修 成美堂出版 2010.4
 ・ひと目でわかる*消費カロリーダイエット 和田清香/カロリー指導,多湖輝/総合監修 笠倉出版社 2009.7
 ・まるわかり!*カロリー図鑑 おもな運動の消費カロリーつき コスミック出版編集部/編 コスミック出版 2008.12

次のような関連資料あり。

・健康スポーツの科学 茨城大学健康スポーツ教育専門部会/編 大修館書店 2009.4
  ※p.57に100kcalを消費する運動の表あり。

・日常ながら運動ダイエット 時間も場所もお金もいらない 長野茂/〔著〕 講談社 2002.9
  ※p.162-174「日常ながら運動カロリー消費量一覧表」あり。
   この表の出典に関する情報として、次の記述あり。
    「第6次改定・日本人の栄養所要量 食事摂取基準のデータを元にしてダンベル健康体操指導協会が作成(2001)」 

・なんでもカロリー換算 竹内薫/著,丸山篤史/著 PHP研究所 2013.2 (PHPサイエンス・ワールド新書 064)

  日販マーク内容紹介:カロリーは熱量、エネルギーの「単位」。このカロリーで、食べ物のみならず、人体や人の様々な活動、身の回りの出来事や宇宙の事象まで、「なんでも見てやろう」という、とても挑戦的な1冊。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498)
スポーツ.体育  (780)
参考資料
(Reference materials)
茨城大学健康スポーツ教育専門部会 編. 健康スポーツの科学 改訂版. 大修館書店, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010084083-00 , ISBN 9784469266832
長野茂 [著]. 日常ながら運動ダイエット : 時間も場所もお金もいらない. 講談社, 2002.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003681957-00 , ISBN 4062114887
竹内薫, 丸山篤史 著. なんでもカロリー換算. PHP研究所, 2013. (PHPサイエンス・ワールド新書 ; 064)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024174513-00 , ISBN 9784569808567
健康・栄養情報研究会 編. 第六次改定日本人の栄養所要量 : 食事摂取基準. 第一出版, 1999.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002824931-00 , ISBN 4804108947 (※当館所蔵なし。)
・第6次改定・日本人の栄養所要量食事摂取基準
   http://www1.mhlw.go.jp/shingi/s9906/s0628-1_11.html
キーワード
(Keywords)
カロリー
運動(健康法)
エネルギー
スポーツ
栄養
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000132604解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!