このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000132289
提供館
(Library)
福岡市総合図書館 (2210003)管理番号
(Control number)
2013.07-05
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2013年06月09日 11時30分更新日時
(Last update)
2013年09月19日 10時19分
質問
(Question)

桜の効能について知りたい。桜の成分やどのような効果があるかなどが書かれた資料はあるか?

回答
(Answer)
■植物関連
『桜 2 ものと人間の文化史』p353「桜花の芳香成分」
桜花の芳香成分やその効果について『桜をたのしむ』(林業科学技術振興所編・刊)を参考に解説。桜花の芳香成分には心をほぐし、幸せな気分にしてくれる作用が、また花びらには二日酔いにも効果があるといわれていることなどが書かれている。成分名が14種挙げられている。

『桜さくらサクラ100の素顔』p133「桜の樹皮(桜皮)は漢方薬」
江戸の民間療法では桜皮、特に6~8月頃の樹皮をはいで天日で乾燥させ生薬としていたとある。咳、しゃっくり、おでき等の各症状で服用方法に違いがある事などが分かる。幕末の華岡青洲が創案した「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」にも桜皮が用いられていたこととその効能が挙げられている。

■薬学関連
『漢方のくすりの事典 第2版』p44「桜皮」
「桜皮」について、薬用は主にヤマザクラの主幹が20㎝以下の太くない木の樹皮を利用することや、樹皮と葉の成分名が書かれている。江戸時代の民間療法では桜皮はさまざまに応用され、治療薬として知られていたこと、現在でも桜皮のエキス製剤は鎮咳去痰薬として臨床に用いられていることが分かる。

『原色牧野和漢薬草大圖鑑 新訂版』p178~184「サクラ属」
サクラ属の植物がたくさん紹介されている。その各々の項目に【成分】【薬効と薬理】【使用法】がある。

■化粧品関連『化粧品有用成分バイヤーズガイド』p113~「オリザ油化株式会社」
「オリザ油化株式会社」の製品「桜の花エキス-LC」について成分や効果、有効性安全性の試験データ等が載っている。
同社のホームページ【 https://www.oryza.co.jp/】では、京都薬科大学との共同研究で見出した桜の花の詳しい成分や効果等、研究結果が確認できる。

■GENIIやNDL-OPACで論文検索キーワード「桜」「成分」「化粧」等で検索した結果の中で、参考になりそうな論文を探すと以下の論文が見つかった。
「桜エキスの老化皮膚に対する有用性」目片 秀明、三崎 仁 著(「フレグランスジャーナル」34(8)p42-47 2006年)、
「桜皮及び桜皮成分のエストロゲン受容体β結合能の評価」遠野 弘美、堀井 周文、布施貴史 著(「薬学雑誌」130(7)p989~997 2010年)
ともに当館未所蔵のため内容は未確認。(国立国会所蔵あり)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
有岡利幸 著. 桜 2. 法政大学出版局, 2007. (ものと人間の文化史 ; 137-2)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008514552-00 , ISBN 9784588213724
東京農業大学短期大学部生活科学研究所 編. 桜さくらサクラ100の素顔. 東京農業大学出版会, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003024029-00 , ISBN 4886940161
鈴木洋 著. 漢方のくすりの事典 : 生ぐすり・ハーブ・民間薬 : カラー版 第2版. 医歯薬出版, 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011228134-00 , ISBN 9784263731321
岡田稔 監修 , 和田浩志, 寺林進, 近藤健児 編. 原色牧野和漢薬草大圖鑑 新訂版. 北隆館, 2002.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003598210-00 , ISBN 483260810X
フレグランスジャーナル社 編 , 西島靖 監修. 化粧品有用成分バイヤーズガイド. フレグランスジャーナル社, 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011204366-00 , ISBN 9784894791978
キーワード
(Keywords)
成分
効能
効果
化粧品
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000132289解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決