このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000132188
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2013-0009
事例作成日
(Creation date)
2013/04/30登録日時
(Registration date)
2013年06月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年06月08日 00時30分
質問
(Question)
滋賀県で希少種に選定されているビワコオオナマズの形態や生態、減少要因を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県で大切にすべき野生生物 2010年版』によりますと、形態や生態は「日本産ナマズ属魚類の中で最大の種で、全長100~120cmに達する。下顎の突出が著しく、頭部も他のナマズ属より縦扁し体つきもスマートである。尾鰭の上葉が下葉よりもやや長い。口ひげ上・下顎に合わせて2対(計4本)あるが、下顎のそれは短く発達が悪い。体色は全身が灰黒色で、金属光沢がある。腹部は白い。夜間に琵琶湖の沖合を遊泳し、ゲンゴロウブナ、ニゴロブナ、ビワマス、コアユなどの小型・中型魚を捕食する。ふだんは単独生活する。産卵期は5月中旬~8月で、この時期大雨があって湖の水位が上がると接岸して、夜間に礫底や岩場で多数が集まって産卵する。湖面に浮遊する水草に産卵することもある。」とあります。減少要因については「湖水位の人為調節や護岸工事による産卵場消失、ビワマスやフナ類を対象とする刺網(小糸網)による混獲、オオクチバスやブルーギルの増加による餌生物の減少などが考えられる。瀬田川では釣獲による脅威も見逃せない。」とあります。なお、同書には「本種の祖先と思われる化石が330万年前の古琵琶湖層から出土している。」ともあり、たいへん古くから琵琶湖に生息しています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
脊椎動物  (487 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県で大切にすべき野生生物 2010年版 滋賀県生きもの総合調査委員会∥編 サンライズ出版 2011年 SB-4600-10 p.498

2 湖国びわ湖の魚たち 滋賀県立琵琶湖文化館∥編 第一法規 1991年 S-4800- 91 p.133-134

3 琵琶湖とナマズ 友田淑郎∥著 汐文社 1980年 S-4880- 80 p.157-192
キーワード
(Keywords)
ビワコオオナマズ
希少種
魚類
動物
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
2110049-2401(守山市立図書館提供)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000132188解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決