このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000132125
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000000005
事例作成日
(Creation date)
2009/03/01登録日時
(Registration date)
2013年06月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年07月05日 09時46分
質問
(Question)
荒木村重について書かれた本にはどのようなものがあるか。豊中市立図書館所蔵のものを知りたい。
回答
(Answer)
『新修豊中市史第1巻 通史1』(豊中市)p446-448などのほか、下記資料に荒木村重についての記載があり。
回答プロセス
(Answering process)
◆歴史関連図書
『日本史』4 五畿内篇2(ルイス・フロイス・著 松田毅一/川崎桃太・訳 中央公論社 1981)
『日本史』5 五畿内篇3(ルイス・フロイス・著 松田毅一/川崎桃太・訳 中央公論社 1981)
『陰徳太平記』上・中・下(香川正矩・原著 松田修/下房俊一・訳 教育社 1980)
「多門院日記」一~五(『増補続史料大成』第38~42巻)(多門院英俊、朝乗・著 竹内理三・編 臨川書店 1978)
『安西軍策』(石黒吉次郎・〔訳〕著 勉誠出版 1999)
「安西軍策」(『改訂史籍集覧』第7冊)(近藤瓶城・編 臨川書店 1990)
『高山右近』(海老沢有道・著 吉川弘文館 1989)
『足利義昭』(奥野高広・著 吉川弘文館 1990)
『黒田如水のすべて』(安藤英男・編 新人物往来社 1992)
『司馬遼太郎歴史のなかの邂逅 1・2』(司馬 遼太郎/著 中央公論新社 2007・2010)
『信長はなぜ叛かれるのか 城と戦国武将』(小島 英記/著 ポプラ社 2008)
『村重』第1~11号(荒木村重会々報)
(荒木村重研究会・編/発行 2001~2012)
『荒木村重研究序説』(瓦田昇・著 海鳥社 1998)

◆雑誌
富永滋人「荒木村重 伊丹城を中心に」(『大阪春秋』17号/昭和53年6月20日印刷・発行/大阪春秋社)
瓦田 昇「北摂における荒木村重」(『大阪春秋』45号/昭和60年12月 印刷・発行/大阪春秋社)
瓦田 昇「荒木村重と尼崎」(『大阪春秋』58号/平成元年10月20日印刷・発行/大阪春秋社)
小林 章「三島地方の戦国武将たち」(『大阪春秋』21号/昭和54年9月20日印刷・発行/大阪春秋社)
林田良平「池田城と城主池田氏」(『大阪春秋』46号/昭和61年3月5日発行/大阪春秋社)
高市光男「豊中に織部の城があった-キリシタン鬼瓦が語る謎」(『大阪春秋』127号/平成19年夏号7月1日発行/大阪春秋社)
 
◆市史、事典類
『茨木市史』(茨木市史編纂委員会・編 茨木市役所 1969)
『吹田市史』第2巻(吹田市史編纂委員会・編 吹田市役所 1976)
『尼崎市史』第2巻(岡本静心・編代 八木哲浩・部分執筆 尼崎市役所 1968)
『高槻市史』第1巻本編1(高槻市史編纂委員会・編 高槻市役所 1977)
『池田市史』概説編(池田市史編纂委員会・編 池田市役所 1971)
『わがまち茨木』城郭編(茨木市教育委員会・編 茨木市 1987)
『わがまち茨木』人物編(茨木市教育委員会・編 茨木市 1985)
『兵庫県の歴史』(県史シリーズ28 八木哲浩/石田善人・著 山川出版社 1981)

◆村重を題材とした小説
『荒木村重 惜命記』(黒部亨・著 講談社 1988)
『滅びの将 信長に敗れた男たち』(羽山信樹・著 新人物往来社 1990)
『利休七哲』(神坂次郎〔ほか〕著 講談社 1990)
『反逆 上・下』(遠藤周作・著 講談社 1989)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『日本史 4』ルイス・フロイス/著(中央公論社)
『日本史 5』ルイス・フロイス/著(中央公論社)
『陰徳太平記 上』香川 正矩/原著(教育社)
『増補 續史料大成 第38巻』竹内 理三/編
『安西軍策』石黒 吉次郎/[訳]著(勉誠出版)
『改定史籍集覧 第7冊』近藤 瓶城/編(臨川書店)
『高山右近』海老沢 有道/著(吉川弘文館)
『足利義昭』奥野 高広/著(吉川弘文館)
『黒田如水のすべて』安藤 英男/編(新人物往来社)
『村重 創刊号』荒木村重研究会/編集(荒木村重研究会)
『荒木村重研究序説』瓦田 昇/著(海鳥社)
『茨木市史』茨木市史編纂委員会/編纂(茨木市役所)
『吹田市史 第2巻』吹田市史編さん委員会/編
『尼崎市史 第2巻』岡本 静心/編集(尼崎市役所)
『高槻市史 第1巻』高槻市史編さん委員会/編集(高槻市役所)
『池田市史 概説篇』池田市史編纂委員会/編纂(大阪府池田市役所)
『わがまち茨木 城郭編』茨木市/編集(茨木市)
『わがまち茨木 人物編』茨木市/編集(茨木市)
『兵庫県の歴史』八木 哲浩/著(山川出版社)
『荒木村重』黒部 亨/著(講談社)
『利休七哲』黒部 亨/[ほか]著(講談社)
キーワード
(Keywords)
荒木村重(アラキ ムラシゲ)
人物
歴史
織田信長(オダノブナガ)
戦国時代
武将
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000132125解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!