このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000131910
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000011261
事例作成日
(Creation date)
2013/04/27登録日時
(Registration date)
2013年06月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年07月06日 13時26分
質問
(Question)
日本とヨーロッパにおける中世の看護の状況についてわかる資料はあるか。日本については特に仏教と看護の関わりについて書かれていればなおよい。
回答
(Answer)
『新版看護学全書 別巻7 看護史』などに、日本およびヨーロッパの看護史についての記載があり。
回答プロセス
(Answering process)
所蔵資料を「看護 歴史」「中世 医療」のキーワードで検索し、取り寄せて内容を確認。下記の資料を見ていただいた。

『看護職とは何か』(白水社)『看護婦はどう見られてきたか 歴史、芸術、文学におけるイメージ』(時空出版)には、ヨーロッパ中世の看護職の状況についての記載があり。
また『癒しの女性史 医療における女性の復権』(春秋社)『<病気>の誕生 近代医療の起源』(平凡社)には、ヨーロッパ中世の医療についての記載があり。

『新版看護学全書 別巻7 看護史』(メヂカルフレンド社)には、日本の古代から現代までの看護史がまとめられてあり、特に第2章「仏教伝来とその影響」や第3章第3節「鎌倉時代の看護と医療」などに、仏教と看護の関わりについての記載があり。また第9章「日本の看護・医療に影響を与えた国々」には、中世ヨーロッパにおける看護と医療や、16世紀の「看護の暗黒時代」についての記載があり。

このほか、大阪府立図書館から『看護学生のための日本看護史』(医学書院)を取り寄せて内容を確認したところ、中世の医療について述べた中に、仏教と救療事業の関わりや、戦場における僧侶の活動などについての記載があり。こちらも合わせて見ていただいた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
臨床医学.診断.治療  (492 9版)
参考資料
(Reference materials)
『看護職とは何か』C.D.フレズネ/著(白水社)
『看護婦はどう見られてきたか』A・H・ジョーンズ/編著(時空出版)
『癒しの女性史』ジーン・アクターバーク/著(春秋社)
『<病気>の誕生』児玉 善仁/著(平凡社)
『看護史』亀山 美知子/著(メヂカルフレンド社)
キーワード
(Keywords)
看護
医療
歴史
日本
ヨーロッパ
看護師
仏教
中世
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000131910解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決