このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000131739
提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
市民2010-事25
事例作成日
(Creation date)
2010登録日時
(Registration date)
2013年05月28日 13時43分更新日時
(Last update)
2016年11月29日 14時47分
質問
(Question)
「水流れて元の海に入り、月落ちて天を離れず」という言葉は、
武田信玄が言った言葉だと長年思っていたが、最近になって、
別人が言ったのを武田信玄が引用したのだと知った。もともと
は誰が言った言葉なのか知りたい。
回答
(Answer)
 元の明本禅師と、ある僧の問答である。
 『禅語入門』p.256によると、出典は禅籍『五燈会元』第16巻

 ✻明本(みょうほん)禅師とは
  1263~1323年 中国元代の臨済宗楊岐派破庵(ほあん)の僧。
  教禅一致の思想を有し、日本臨済宗に大きな影響を及ぼした。
  号は中峰、幻住道人と称する。    『仏教大事典』p.960より
回答プロセス
(Answering process)
 質問者がご覧になったのは『甲陽軍艦』と判明。これは、戦国武将である武田氏の
戦略や戦術を記した軍学書。武田信玄・勝頼代の合戦記事を中心に、軍法、刑法など
を記している。 
 市民図書館所蔵の『甲陽軍艦』上p.206を見ると、この言葉は「古いことわざ」である
とある。
✻『成語林 故事ことわざ慣用句』p.1078
  「人間がもって生まれた性質を変えたり、境遇や環境の影響で身についた習性から
抜け出したりすることは難しいものであるというたとえ」とあるが出典はなかった。
✻インターネットで“禅語”をキーワードに調べる。
  『禅語入門』(久須本文雄/著 大法輪閣 2000年)
  『禅語辞典』p.236(古賀英彦/編著 思文閣出版 1991年)
サイト『茶席の禅語集』
      http://zengo.bungaku1.com/about/about.html (2010年3月1日現在)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『佛教大事典』(小学館 1988年)
『佛教大字彙』 第6巻p.4316(龍谷大学 1974年)
『甲陽軍艦』上(腰原哲朗/訳 教育社 1979年)
『成語林 故事ことわざ慣用句』(旺文社 1992年)
キーワード
(Keywords)
禅語 故事
ことわざ
明本禅師
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
人物 言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000131739解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!