このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000131735
提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
市民2010-事24
事例作成日
(Creation date)
2010登録日時
(Registration date)
2013年05月28日 10時29分更新日時
(Last update)
2016年11月29日 14時47分
質問
(Question)
「槍術」という武道があるが、宮城県での歴史が知りたい。
回答
(Answer)
 宮城県に伝わった槍術は、岡野流をはじめ心眼流、新陰疋田流など18流派があり、
伊達家の御流儀兵法は本心鏡智流である。
 瑞鳳寺にある「槍形碑」は、槍術師範富塚玄門が生前に立てた自分の墓。
 富塚玄門は、もとは宮城郡愛子村の樵夫で、木の枝を削って槍にして滝を登る鯉を
突いているうちに槍術をおぼえ、仙台城下で各道場で勝負したが負け無しだった。 
 噂を聞いた藩主吉村が御膳試合に呼んでその妙技に感心し、三百石を賜って槍術
師範を命じた。『宮城県史』18巻p.418

『仙台郷土研究』復刊第6巻第1号通巻222号の「特集 仙台藩の武芸」という特
集記事があり「風伝流槍術の仙台藩伝来について」「黒川郡大衡村に伝わった風伝
流槍術と柳生流剣術」といった記事が載っていた。
 また、『仙台郷土研究』 復刊第8巻第1号通巻226号p.25に「槍術家・富塚玄門」と
いう記事があった。
 明治になってからは槍術は廃れ、現在宮城県には道場なども見当たらないようだ。
回答プロセス
(Answering process)
「槍術」をキーワードに検索したところ、『宮城県史』 18巻、『宮城県史』 32巻 史料
篇p.63、『仙台郷土研究』 復刊第6巻第1号通巻222号、『仙台郷土研究』 復刊第8
巻第1号通巻226号、『浜田家に相伝された風伝流槍術の伝巻』が見つかった。
 『日本武道体系』 第7巻によると、明治になって槍術の大方の流派は廃れてしま
い、わずかに宝蔵院流など数派が残るのみということ。
 インターネットで、現在宮城県に残っている流派や道場を探したが見つからなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『宮城県史』 18巻 医療・体育(宮城県/著 ぎょうせい 1987年)
『宮城県史』 32巻 史料篇(宮城県/著 ぎょうせい 1987年)
『仙台郷土研究』 復刊第6巻第1号通巻222号(仙台郷土研究会/編 仙台郷土
研究会 1981年)
『仙台郷土研究』 復刊第8巻第1号通巻226号(仙台郷土研究会/編 仙台郷土
研究会 1983年)
『浜田家に相伝された風伝流槍術の伝巻』(渋谷鉄五郎/著 仙台郷土研究会
1963年)・・・・・仙台郷土研究第23巻第2号抜粋
『日本武道大系』 第7巻 槍術・薙刀術・棒術・鎖鎌術・手裏剣術(同朋舎 1982年)
日本古武道協会ホームページ
http://www.nihonkobudokyoukai.org/about/
(2010年3月1日現在)
キーワード
(Keywords)
槍術
宮城
武芸 武道
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000131735解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!