このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000131632
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2013-002
事例作成日
(Creation date)
2012年11月27日登録日時
(Registration date)
2013年05月23日 18時00分更新日時
(Last update)
2013年07月31日 16時35分
質問
(Question)
チャツボミゴケ(ツボミゴケ科)の名前の由来を知りたい。
チャツボミゴケは「ツボミゴケ科」の苔の一種。珍しい品種で、群馬県に群生地がある。
回答
(Answer)
名前の由来について記述のある資料は見あたらなかった。
『平凡社大百科事典 9』の「ツボミゴケ」の項に「苔類のツボミゴケ科ツボミゴケ属Junger manniaの総称...花被は口が狭く、つぼみ状を呈する。...」との記述があるのみ。
回答プロセス
(Answering process)

名前の由来については記述がないが、関連記述があった資料
『校庭のコケ』(中村俊彦ほか著 全国農村教育協会 2002)p144「チャツボミゴケ発見の記念碑」について記述あり。
『コケの手帳』(秋山弘之篇 研成社 2002)p130-131「チャツボミゴケ」の群生の写真あり。
『苔の話』(秋山弘之著 中央公論新社 2004)p92 チャツボミゴケの生態についての記述あり。
『原色日本栓蘚苔類図鑑』(服部新佐監修 保育社 1972)p293-294 (和名)チャツボミゴケ 図あり(学名) Jungermannia thermarum Steph. 
『コケの写真解説と栽培』(井上浩 加島書店 1973)p10 生態に関する説明あり。
『コケ フィールド図鑑』(井上浩 東海大学出版会 1986)p132 カラー写真、図、生態の記述あり。
『日本の野生植物 コケ』(岩月善之助編 平凡社 2001)PL138 チャツボミゴケの写真・記述あり、p248記述あり。
『平凡社大百科事典 9』(平凡社 1985)p1205 「ツボミゴケ」の項。
『チョウは零下196度でも生きられる』(PHP研究所 1990) p137「重金属を食べる生きもの」の項に記述はあるが、名称については記述なし。
  
雑誌記事
井上浩「人間生活のなかのコケ」(『遺伝 Vol.43 No.3 』p31-33  1989.3)  
  「チャツボミゴケは学名が示すように火山性の温泉地や、これから流出する河川中に生える。」

インターネット情報
《チャツボミゴケ公園》( http://chatsubomigoke.web.fc2.com/ チャツボミゴケ公園 2013/07/31最終確認)
 「チャツボミゴケ」のページによると「これほど広範囲に自生しているのは全国でも珍しく、本州ではここだけ。」「平成24年(2012)、中之条町の天然記念物に指定。」とあり。
「穴地獄とチャツボミゴケ 平成23 年度 白根開善学校高等部 テーマ学習」( http://www.shirane.ac.jp/201202anajigoku/anajigoku.pdf 白根開善学校高等部 2013/07/31最終確認)
 p11-「チャツボミゴケについて」には和名の由来なし。
 p14に引用文献一覧あり。所蔵資料については調査済。
  
その他調査済み資料
『植物の学名を読み解く』(田中學著 朝日新聞社 2007)
『植物の名前のつけかた』(L.H.ベイリー著 八坂書房 1997)
『植物名の由来』(中村浩 東京書籍 1980)
『原色コケ・シダ』(井上浩〔ほか〕著 家の光協会 1980)
『コケ類』(井上浩著 加島書店 1962)
『コケ類の世界』(井上浩著 出光書店 1978)
『コケに魅せられて』(井上浩著 玉川大学出版部 1975)
『こけ その特徴と見分け方』(井上浩 北隆館 1979)
『牧野新日本植物図鑑 改訂増補』(牧野富太郎 北隆館 1989)
『植物3.2万名前大事典』(日外アソシエーツ 2008)
『語源辞典 植物編』(吉田金彦篇 東京堂出版 2001)
『日本野生植物館』(奥田重俊 小学館 1997)
『世界の雑草 3』(竹松哲夫、一前宣正 全国農村教育協会 1997)
『日本産苔類図鑑』(井上浩著 築地書館 1974)和名索引に「ツボミゴケ科」「ツボミゴケ属」あり「チャツボミゴケ」はなし。
『日本産蘚類図説』(関根雄次著 1990)
『レッドデータプランツ』(加藤辰己 宝島社 1994)
『レッドデータブック』(日本植物分類学会 農村文化社 1993)
『日本の重要な植物群落 北関東版』(環境庁 大蔵省印刷局 1981)
『群馬県百科事典』(上毛新聞社 1979)
『熊本県大百科事典』(熊本日日新聞社 1982)
『愛媛県百科大事典 下』(愛媛新聞社 1985)p196「銅ごけ」の項目内に「チャツボミゴケ」の記述はあるが、名前の由来なし。

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
コケ植物[蘚苔類]  (475 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
苔植物 (コケショクブツ)
コケ植物 (コケショクブツ)
蘚苔類 (センタイルイ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000131632解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!