このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000131604
提供館
(Library)
福岡県立図書館 (2110014)管理番号
(Control number)
福参-0754
事例作成日
(Creation date)
2012/03/31登録日時
(Registration date)
2013年05月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年05月23日 00時30分
質問
(Question)
茶人古田織部の「へうげもの」の茶碗とはどのようなものか。『茶の湯人物事典』世界文化社編(世界文化社 2011.6)の古田織部の項に、「『ひずみ茶碗』や『へうげもの』に結実するのである」という記述があり、その「へうげもの」と呼ばれる茶碗がどのようなものかを調査したい。
回答
(Answer)
各種の茶道ややきものの事典をみるも「へうげもの」(ひょうげものでも調査)についての記載はなし。

『原色茶道大辞典』(淡交社 1980年 p797)の古田織部の項に、「博多茶人神谷宗湛を招じた茶会で、瀬戸茶碗のひずんだ形のものを用いて宗湛に『ヘウゲモノ也』との評を発せしめた。いわゆる沓型今焼茶碗をを創作したらしい」という記述あり。
『角川茶道大事典 本編』林屋辰三郎ほか編集(角川書店 1990年 p1202)古田織部の項に、「織部の使用した茶碗について『へらケモノ』という表現が『宗湛日記』に表れるほか、『焼きそこないの茶わん』などといわれ、大胆にデフォルメされたいわゆる織部焼の沓型茶碗が愛用」との記述があり。
   
 「宗湛日記」慶長4年2月28日 「一ウス茶ノ時ハ セト茶碗 ヒツミ候也 ヘウケモノ也」
       『茶道古典全集』 第6巻 千宗室編纂代表(淡交社 1977 p334~)他より。

これらから、「へうげもの」という銘の茶碗があるわけでなく、織部が使用した特別な形の茶碗について神谷宗湛が「へうげもの」と評価したものであり、その茶碗は、瀬戸茶碗で歪んだ形をしていたようである。

『茶道大辞典 別巻』井口海仙監修 末宗廣監修(淡交社 2010年p128)に茶碗の形状の一覧があり、沓型も掲載されている。

言葉としての「へうげもの」の意味としては、『角川古語大辞典』第5巻 中村幸彦編 岡見正雄編(角川書店 1999年 p271)に以下のように説明がある。
 「へうげもの」=【剽輕者】滑稽なふるまいをしてみせる者。ひょうきん者。
 「へうげる」=【剽輕】ひょうきんな言動をする。おどける。

なお、『へうげもの古田織部伝』桑田忠親著 矢部誠一郎監修(ダイヤモンド社 2010 p190~)や、『利休そして織部』池田瓢阿著(主婦の友社 1989年 p74~)などにも説明がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
茶道  (791 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 茶の湯人物事典 世界文化社?編 世界文化社 2011.6 791/2R/104 94・229

2 原色茶道大辞典 淡交社 1980 791/R/54 797

3 角川茶道大事典 本編 林屋/辰三郎?[ほか]編集 角川書店 1990.5 791/R/119 1202

4 茶道大辞典 別巻 井口/海仙?監修 末/宗廣?監修 淡交社 2010.2 791/R/194

5 角川古語大辞典 第5巻 中村/幸彦?編 岡見/正雄?編 角川書店 1999.3 813/6R/18-5 271

6 へうげもの古田織部伝 桑田/忠親?著 矢部/誠一郎?監修 ダイヤモンド社 2010.3 791/2/99 190~

7 利休そして織部 池田/瓢阿?著 主婦の友社 1989.2 791/5/25 74~

8 茶道古典全集 第6巻 千/宗室?編纂代表 淡交社 1977 791//22-6 334~ 宗湛日記収録

1 やきもの事典 平凡社 2000.8 751/R/95

2 茶道人名辞典 桑田/忠親?編 東京堂出版 1982.5 791/2R/26

3 原色陶器大辞典 加藤/唐九郎?編 淡交社 1979 751/R/32

4 図解茶道具事典 雄山閣?編 雄山閣出版 1996.1 791/5R/29

5 茶の湯の銘大百科 有馬/頼底?監修 稲畑/汀子?監修 淡交社 2005.7 791/5R/41

6 角川茶道大事典 本編 林屋/辰三郎?[ほか]編集 角川書店 1990.5 791/R/119

7 利休大事典 淡交社 1989.10 791/2R/42

8 古田織部とその周辺 久野/治?著 鳥影社 2009.6 791/2/100

9 大名と町衆の文化 淡交社 2007.4 702/1/151-4

10 古田織部 桑田/忠親?著 徳間書店 1977 791/2/6 208

11 茶の湯の古典 3 世界文化社 1990.12 791//107-3 150 宗湛日記より
キーワード
(Keywords)
古田織部 神谷宗湛
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『宗湛日記』:神谷宗湛がまとめた天正14年(1586)から慶長18年(1613)にかけての茶会記。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000131604解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決